AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

大学入試を取り巻く環境


60%以上-。

この数字が何を示しているかお分かりでしょうか?私立大学の募集枠に占める、AO入試・推薦入試による合格者数の割合です(下図参照)。

一般科目における学力というモノサシによらずに優秀な学生の取込みを図ろうと、1990年に慶應義塾大学総合政策・環境情報学部(SFC)にて導入されてから、いわゆるAO入試を含む「推薦型入試」は拡大の一途をたどり、結果として今では半数以上が、この「推薦型入試」にて占められるまでになっているのです。

大学入試を取り巻く環境

AO入試・推薦入試拡大の背景

大学が入試形態の多様化(=一般科目入試以外の入試形態による採用枠の拡大)を進める最大の理由は、世の中が求める能力が変質してきたことにあります。

右肩上がりの経済成長を前提とした「先行きが見通せる」環境下では、その目標をいかに効率的に実行することができるか、国や会社が示す方向性に沿っていかに上手に結果を残すことができるか、というチカラ(『受信力』)が求められました。こうした社会のニーズを受けて、大学も、いかに知識を効率よく身につけてきたか、という点に力点を置いて「優秀さ」を測ろうとしてきたのです。

しかし、先行きが不透明な時代に移行したことに加え、情報技術の飛躍的な進歩により、多くの情報が誰でも簡単にインターネットを通じて得られるようになりました。こうした世の中では、いかにたくさん知識を持っているか、ということ以上に、「世の中をどう見るか」「見た世の中の中で自分をどのように活かすか」ということを自分で見つけ出すチカラ(『発信力』)が重要となります。AO入試・推薦入試が拡大してきた理由はここにあるのです。