早稲田建築AO入試(創成入試)は2016年度大きな変更があります。 1. 一次選考が書類審査のみになり従来の筆記試験は二次審査に移りました。2. 筆記試験の時間は150分から120分に縮小されました。3. 一次の合格発表のタイミングが2週間強早まりました。4. 自己PR資料の提出期間が1週間短くなりました。5. 上記3、4の変更点の影響もあり、最終発表は11月5日と昨年より1ヶ月早まりました。 準備すべき内容に大きな変更はないと思いますが筆記や自己PR資料の準備は早めに始めた方がよいかもしれませ [→続きを読む]

慶應SFCの2016年度AO入試の募集要項の配布が始まりました。日程、内容ともに前年度から大きな変更はないようです。今年も2次選考にプレゼンの表記はありません。小さな変更点として任意提出資料の記述に若干変更があったり、調査書の記述に「記載注意事項」が追加されたりしています。また入力内容の概要(今まで別途PDFで公開されていたもの)が募集要項に記載されるようになりました。 慶應SFC AO入試2016年度日程 ●2016年 4月入学Ⅰ期A・B・C・IB方式Web入力期間:2015年7月1日(火)1 [→続きを読む]

立教大学自由選抜2016年度入試の日程が公表されました。入試日程については2015年度から大きな変更はありませんが出願資格や募集人員については若干の変更があります。 ●入試日程○全学部(経済学部を除く)出願期間:2015年9月25日(金)~10月2日(金)(郵送のみ 締切日消印有効)第1次選考(書類選考)合格発表日:10月30日(金)※第2次選考日(筆記試験・面接):11月21日(土)合格発表日:12月7日(月)第1次入学手続締切日:12月15日(火)※経済学部は募集しません。※文学部の選考は、 [→続きを読む]

早稲田政経のグローバル入試の募集要項が公開されています。昨年まで「AO入試」という名前だった試験がリニューアルされました。日程の変更や英語資格の追加についてはすでに公表されていましたが募集要項の発表により活動記録報告書の字数が変わったことがわかりました。昨年までの「AO入試」では500字以内だったのが今年の「グローバル入試」では600字以上800字以内となっています。 ●早稲田大学政治経済学部グローバル入試 2016年度日程 ○出願期間2015年8月1日(土)~8月4日(火)〔消印有効〕 ○論文 [→続きを読む]

東大推薦入試の募集要項(予告)が公表されました。 募集人員や選抜方法はすでに発表された通りですが、具体的な日程や書類の内容が明らかになりました。 平成28年度推薦入試学生募集要項(予告)http://www.u-tokyo.ac.jp/content/400029114.pdf 日程は以下のようになっています。出願期間:2015/11/2(月)~11/6(金)1次発表:2015/12/1(火)面接等実施:2015/12/19(土)、12/20(日)<センター試験:2016/1/16(土)、1/1 [→続きを読む]

早稲田のスポ科では推薦系の入試として3種類の入試を実施しています。トップアスリート入試、スポーツ推薦入試、それからここで説明するスポーツ自己推薦入試の3種類です。トップアスリート入試はオリンピック出場を狙えるような逸材、推薦入試は早稲田の体育会の指導者が認めた選手のみが受験できるのに対し、スポーツ自己推薦入試はスポーツである程度の実績を残してきた方で評定平均が3.5以上の方は原則誰でも受験できる試験です。ただし、既卒生の場合は浪人1年目までのみ受験が認められます。 1次選考は出願書類によって審査 [→続きを読む]

早稲田大学スポーツ科学部のスポーツ自己推薦の2016年度入試の日程がすでに公表されています。スポ科の自己推薦はスポーツでの実績も大事ですが、二次試験の小論文および面接も重要です。特に小論文はできるようになるまで時間がかかることがあるので早めに準備を始めることをお薦めします。 ●出願期間2015年9月25日(金)~10月2日(金) ●選考方法– 書類選考(「スポーツ競技歴調査書」)書類選考合格者発表日:2015年11月5日(木)– 第二次選考(小論文試験・面接試験)第二次選 [→続きを読む]

早稲田政治経済学部では2015年度までAO方式による総合選抜入学試験という名前でAO入試が実施されていましたが2016年度の入試からグローバル入試という名前に変わります。試験の内容に大きな差はありませんがすべての日程が1月半ほど前倒しになっていて出願の時期も9月半ばだったのが8月上旬と大幅に早まりました。またAO入試ではTOEFLのスコアが必要でしたがグローバル入試ではTOEFLだけでなくTOEICやIELTSのスコアも有効になりました。 一次審査は英語のスコアを含む出願書類、日本語の論文審査で [→続きを読む]

慶應文学部の自主応募制推薦入試は現役生だけが出願できます。また高校での評定平均値が全体で4.1以上あることが必要です。募集人員は120名と多く、倍率は例年2倍を少し超えるくらいで慶應の他の学部のAO推薦入試と比較すると低めになっています。例年11月初めに出願時期があり、11月の後半に筆記試験、そのすぐ後に合格発表があります。AO推薦の中ではめずらしく面接による審査はありません。 出願書類として入学志願票、調査書、評価書、自己推薦書があります。評価書は高校の先生に書いていただく必要がありさらに学校 [→続きを読む]

早稲田の公式HPで国際教養学部の2016年度AO入試(4月入学・国内選考)の日程が発表されました。 ○出願期間2015年9月1日(火)~9月18日(金) ○筆記審査2015年10月25日(日)「Critical Writing」(120分)※ 早稲田大学(早稲田キャンパス)にて実施 ○合格者発表2015年11月24日(火) 昨年とほぼ同様の日程になっています。 募集要項の公表も例年通り6月上旬公開予定とのこと。出願予定の方はそろそろ志望理由書のストーリーを考え始めてみるとよいと思います。

10 / 25« 先頭...89101112...20...最後 »