AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

小論文講座の特長


shouron_mini

洋々に通えば慶應に短期合格ができるのか?

 
洋々の小論文講座を受講することで「短期間の対策で慶應に合格できた」「〇〇予備校では書けるようにならなかったのに書けるようになった」、そんな声があるようです。たしかに、洋々では1-2ヶ月の対策で慶應に合格する受講生も珍しくありません。その結果、他の予備校に籍を置きつつ小論文は洋々に通う、他の予備校から移籍するといったケースも増えていますし、時には高校の先生からご推薦いただくこともあるようです。

ただ、最初に確認しておきたいのは、私たちは必ずしも短期間で学ぶことを推奨しているわけではないということです。たしかに、短期間のサポートで最大の学習効果を上げることには自信がありますが、それでも、より長い時間をかければより以上に実力を伸ばせるのもまた事実です。

そこで、受験生の皆さんには、可能な限り早い段階から対策に着手し、余裕を持って学ばれることを強くお勧めします。早い段階で小論文の基本を身につけることで、以降は日常生活から、あるいは、他教科の学習において学べることが順次拡大していきます。一定期間以上学ぶことで、小論文の実力は加速度的に伸長していくのです。

 

洋々の小論文の目標

 
洋々の小論文は、受講生の皆さんに人生を謳歌するための手段としての小論文のチカラを身につけていただくことを究極の目標としています。そのために、洋々の小論文は第一に「本質」を重視します。一過性の受験テクニックではなく、小論文の本質的なチカラ、すなわち、一生使える読む力、考える力、書く力を習得していただきたいと考えています。

しかしながら、洋々には予備校としての一面もあります。そこで、直近の入試において、受講生の皆さんに、志望校に合格していただかなくてはいけません。そこで、第二に「効率」も重視することになります。志望校の合格に必要な力を、最短の時間と最小の労力で身につけていただけるようなサポートを行いたいと考えています。

短期的目標としての志望校合格の先に中長期的目標としての一生使えるチカラの習得を見据える、あるいは、一生使える力を習得するためのプロセスとして志望校への合格を位置付けるといったイメージを持っていただけると、分かり易いのではないでしょうか。

 

洋々の小論文の特徴

 
洋々の小論文サポートは、2で挙げた二つの目標を達成するために、以下のような特徴を備えています。
 

① 合格ラインの見切り

 
いわゆる模範答案は多くの場合、その道のプロが協業他社の目を意識しつつ、時間無制限で推敲を重ねて仕上げたものです。したがって、受験生が短い制限時間の中、手書きで作成しうる答案とは完成度に大きな隔たりがあります。洋々の小論文サポートでは、過去の合格者の再現答案を元に、個々の大学・学部について本番で確率良く合格するための条件を洗い出し、受講生の皆さんに無理なくそれを満たしていただくことを最初の目標としています。
 

② 本質の切り出し

 
小論文の試験においては過去の出題がそのまま繰り返されることはなく、したがって、目先の問題に対して完璧な答案を作れるようにしたところで、本番で高い得点が取れるとは限りません。そこで、洋々の小論文サポートでは、小論文を作成するための読む、考える、書くといった各プロセスを根本から見直し、それぞれの作業の精度を高めることで、広汎な出題に対応できるような基礎力を養います。
 

③ 基本技術の定型化

 
上記の「本質」を重視する一方で、定型化可能な基本技術は極力定型化することで、短期間での習得を可能にします。主要なものとしては、以下のようなものがあります。

・課題文の論理的読解
・課題文のポイントの把握
・課題文の要約
・表・データの分析
・講義メモの作成     
・意見提示のフレームワーク
・意見提示のフォーマット
・問題解決のフレームワーク
・問題解決のフォーマット

受講生の皆さんには、志望校の出題の傾向に合わせて、上記を取捨選択して習得していただくことになります。たとえば、慶應義塾大学の環境情報学部の一般入試を志望される方であれば、

・課題文のポイントの把握
・表・データの分析
・問題解決のフレームワーク
・問題解決のフォーマット

といった技術の習得が最も重要となる筈です。
 

④ 実践の重視

 
基本技術が習得出来たら、受講生の皆さんには可能な限り早く実践演習に移行し、技術の運用の速度と精度を引き上げていただくことになります。志望校の過去問を中心に問題演習、解説、添削、リライトを繰り返す中で、志望校の傾向や自身の考え方、書き方の癖に応じてフレームワークやフォーマットをアレンジし、より自身のニーズに即したフレームワークやフォーマットを創り上げていく受講生の方も少なくありません。
 

⑤ ハイレベルな講師陣

 
洋々の小論文サポートを担当するのはプロフェッショナル(P)とトレーナー(T)の二種類の講師です。Pは大学や予備校で5年以上の指導経験を有する社会人講師、Tは早慶上智に小論文を利用して合格した学生講師で、いずれも高倍率の採用試験を突破した実力者揃いです。厳しい研修を通じて洋々の小論文サポートのノウハウを体得しており、添削、解説においても高い能力を有しています。受講プランに応じて、受講生の皆さんそれぞれのニーズに最もマッチしていると目される講師が選任され、サポートを担当させていただくことになります。

 

最後に

 
以上、洋々の小論文講座のイメージは掴んでいただけたでしょうか? 受講を検討される場合は、まず無料の個別相談にお申込みいただくか、もしくは、小論文見極め(29,800円/50分×2コマ)を受講されることをお勧めいたします。
 
せっかくの機会です。小論文の「本質」を学んで、人生を謳歌するための強力な武器を手に入れていただければ幸いです。