AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

早稲田国際教養AO入試 Critical Writing対策講座

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々 > 早稲田国際教養AO入試 Critical Writing対策講座

早稲田国際教養AO入試critical writing講座

講座の目的

洋々のCritical Writing対策講座は早稲田大学国際教養学部AO入試の合格のみならず、将来に亘って役立つ力を習得することを念頭にカリキュラムが作られています。確実に意図が伝わる英文を短時間で作成する技術は、大学入学後はもちろん、大学卒業後もビジネスやアカデミックな分野等、英語でのコミュニケーションが必要なあらゆる場面で必要になります。本カリキュラムで英文作成のフレームワークを覚え、使いこなせるようになると、論理的な英文を短時間で書くことができるようになります。

本講座では過去問演習と並行して英文作成のための6種類のフレームワークを紹介します。過去問演習を行いながら6回の添削課題をすべてこなし、6種類のフレームワークを自分のものにしていきます。

 

説得力のある文章を書くために

早稲田大学国際教養学部AO入試のCritical Writingのような試験では短時間で説得力のある英文を書く表現力が求められます。「英文を書く」というと文章力が求められる印象があり、習得に時間がかかるものだと思われるかもしれません。

実際は、説得力のある文章を作成するために最も大切なものは文章の構造です。文章の構造が決まれば、後は中身に何を書くかを考えればよく、これは穴埋めのような形で作成できるので、短時間で文章を書き上げる事ができます。

文章の構造については、フレームワークを覚えておけば、いちいち考える必要がなくなります。6つのフレームワークを覚えておけば、多くのケースにおいて穴埋めのような形でロジックの通った文章を作成することができるようになります。

 

フレームワークとは

ここでいうフレームワークとは文章の骨組みのことです。たとえば、自己紹介することを考えてみてください。いきなり自己紹介するとなるといろいろなことが思い浮かび、意外と難しいと思います。

一方で、以下のような簡単なフレームワークがあれば自己紹介もしやすいのではないでしょうか?

I. まずは名前。

My name is (ここにあなたの名前).

II. 生まれた場所と住んでいるところ。

I was born in (ここにあなたの出身地) and currently reside in (ここにあなたが現在住んでいるところ).

III. 好きな科目とあまり好きでない科目。

I enjoy studying (ここにあなたの好きな科目), but I’m not too fond of (ここにあなたがあまり好きでない科目).

フレームワークを使えば短時間で必要事項をすべて網羅した自己紹介を簡単に作成することができます。文学的な文章や人を楽しませることを目的とした文章を書く場合には向いていませんが、ロジカルに自分の言いたいことを伝えることが目的であれば、十分に目的を達成する文章を作成することができます。

My name is Taro Youyou. I was born in Yokohama and currently reside in Tokyo. I enjoy studying English, but I’m not too fond of mathematics ・・・

 

6つのフレームワーク

早稲田大学国際教養学部AO入試のCritical Writingのような試験であっても6種類のフレームワークを覚えることでほとんどの英文作成に対応できます。フレームワークを覚えていれば、文章を考えるとき文章構造を一から考える必要はありません。フレームワークを思い出し、必要な事項を当てはめていけばよいのです。本講座では以下の6つのフレームワークを覚えます。

I. 自分のポジションを明らかにしてその根拠を説明するフレームワーク
II. 自分のポジションを明らかにしてその例を紹介するフレームワーク
III. ある事柄のいい面と悪い面を客観的に述べるフレームワーク
IV. 同様の事柄の比較説明を行うフレームワーク
V. ある事柄の例をあげ、その説明をするフレームワーク
VI. ある事柄の要因を説明するフレームワーク

 

フレームワークの習得

表現力を身につけるためにはまず必要なフレームワークを覚えることが近道です。しかし、フレームワークを覚えるだけでは実際に書けるようにはなりません。自分のものにするためには、実際に使ってみる必要があります。実際にフレームワークを使って英文を書いてみて、さらにその書いたものに対してフィードバックを受けることで、フレームワークを使いこなし、ロジカルな文章が書けるようになります。

 

早稲田国際教養AO入試 Critical Writing対策講座

講座概要

● 講座料金
198,000円(税込)

● 回数
全 12 コマ(1コマ50分)

● 講座内容
本講座では過去問演習と並行して英文作成のための6種類のフレームワークを紹介します。それぞれのフレームワークについて以下のような流れで習得します。
(1) テキストを見てフレームワークの内容を学び、フレームワークを覚える。
(2) テキストの中にある例題を自分で考えてみる。
(3) 課題に答え、担当エキスパート講師に提出する。
提出された課題に対し、エキスパート講師が添削、個別指導を行います。
※ Zoomを用いたオンライン受講も可能です。


 

まずは無料個別相談へ

洋々では無料個別相談を実施しています。
以下のお申込フォームよりお申込ください。お申込内容確認後、個別相談担当と日時を調整し、個別相談日時をメールまたは電話でご案内します。
お急ぎの方、当日ご希望の方はお電話にてお問い合わせください。

▼ 申込フォーム ▼

無料個別相談申し込みフォーム

 

▼ 当日希望の方はお電話で ▼

平日14:00~21:00 土曜10:00~19:00 水日祝休み

まずは無料個別相談へ

AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!