AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

内田夏月(横浜国立 教育)


洋々のAO入試対策 メンター紹介

メンター略歴

十文字高等学校卒業
横浜国立大学教育人間科学部 理科専攻在学
数学検定準1級取得
現在は家庭教師として小学生・高校生を担当

自己アピール

「知識を教えるのではなく、受験生が自分の力で考え成長し、自信をもって受験できるよう手助けをする」
これは私が目指す理想のメンターです。

私はAO入試で横浜国立大学教育人間科学部に合格しました。
高校2年生の夏、それまで5年以上頑なに変えなかった、放射線技師という将来の夢を捨て「教員になりたい」と言い出しました。はじめは横国の理工学部目指していましたが、大学の個別相談会で教育人間科学部のAO入試を受けてみないかと提案していただき、受験を決めました。

洋々では高2の3月からサポートを開始しました。私が受験したAO入試では自己推薦書・課題レポート・小論文、個人・集団面接、センター試験と三段階あるものでした。また最終合格発表が2月と遅めだったため、私立大学の受験もしました。考えなければならないこと、勉強しなければならないことが多く投げ出したくなる時もありましたが、洋々でのサポートのおかげ無事合格をいただくことができました。

一人で考えることも大切なことですが、たまに違う視点からアドバイスをもらうことも大事なことです。ぜひお手伝いをさせていただけたらと思います。

AO入試を志す受験生へのアドバイス

私はこれといってアピールできる実績を持っていたわけではありませんでした。それでも合格できた理由は、受験生の誰よりも真剣に自己分析をし、受験校のことを知らべ、どうしてもこの大学に行きたいという気持ちを持っていたからだと考えています。
 
もちろん気持ちを持っているだけでは合格できません。その気持ちを言葉や文字で表現することが必要です。そのためにプロの方やメンターさんがいると思います。
納得できるまで悩み考え抜いてください。そしてどうしても行き詰ったときは周りに相談すること。そうすることで徐々に自分の納得いくものが出来上がってくると思います。

最後に、受験に努力はつきものです。残念ながら、努力したからと言って必ず結果がついてくるとは言い切れません。しかし、努力したと言い切れると自然と後悔という言葉がなくなります。
後悔しないためにも、一緒に頑張りましょう!!