AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

慶應義塾大学総合政策学部 9月入試合格!間中さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 慶應SFC AO入試 > 慶應義塾大学総合政策学部 9月入試合格!間中さん

社会人からSFCの9月入試に挑戦し、見事AO入試の合格を勝ち取る

洋々には、単に受験向けというよりは、社会に出てからも役立つプレゼンテーションを教えるというところに魅力を感じ、受講を決意しました

社会人(スリランカにおける海外支援活動を経て)

慶應義塾大学 総合政策学部 AO入試 9月入試 A方式 合格

間中さん

AO入試に向けた準備について

清水 信朗(洋々代表):
SFC受験にあたって最も苦労したことはなんですか?

間中さん:
書類の作成です。SFCを受験することは3月に決めたんですが、実際の書類の作成は提出の6月に入ってから始めたんです。正直、こんなに大変なものだとは思っていなかった。最後の3日間はほとんど寝てません。(笑)

清水:
お疲れさまでした。(笑) 何に手間取りましたか?

間中さん:
もともと文章を書くことは好きなので、書くこと自体はそれほど苦になりませんでした。ただ、資料の収集や整理-僕の場合はボーイスカウトの経験やスリランカの経験に関するものだったんですが-が大変でした。

清水:
苦労の甲斐あって無事に書類選考を通過されたわけですが、とりわけ志望理由書は心を打つ内容に仕上がっていましたね。

間中さん:
高校卒業後、ニュージーランドやスリランカで過ごしていたこともあり、大学に行かなきゃと思うまで10年近い期間がありました。新たに考えて書いたのではなく、積み上がっていた書きたいことを整理して紙に載せたというイメージです。

清水:
面接、プレゼンの対策はどのようにしましたか?

間中さん:
面接の仕方はよくわかっていなかったので、ネットで面接の対策について調べました。そうして、相手が3人でこっちが1人で時間がだいたい30分くらい、繕っても繕いきれないから、嘘を言ったらばれるぞ、というのを見ました。だから自分の思考を掘り下げる必要を感じました。

洋々について

清水:
洋々のことはどのように知りましたか?

間中さん:
確か、志望理由書、慶應というキーワードでネットで検索したときに見つけたと思います。プレゼンテーションに関する内容で、「単に受験用というよりは社会に出てからも役に立つプレゼンテーションを教える」というところに魅力を感じ、受講を決意しました。

清水:
実際、洋々の指導を受けてみていかがでしたか?

間中さん:
一番受けてよかったなと思ったのは自信がついたことですね。AO入試に関しては生きた情報が少なく、洋々に見てもらうまで自分の資料がいいのかどうか全くわからない状態でした。洋々で実際にプレゼンして、また面接の体験もして、はじめて自分の位置というのがわかりました。はじめに見ていただいたとき、大枠として問題ないということだったので安心しました。本番前日の面接が終わった後、「合格すると思うよ」と言っていただき、自分の持っている力を発揮すれば合格できると思い、自信をもって本番に臨むことができました。

清水:
洋々の指導によって何が変わりましたか?

間中さん:
まずプレゼンの資料については指摘いただいた部分について直しました。それから志望理由書に書いたことについて思考を深めるきっかけになりました。特に、自分でもずっと気になっていた点、「今までいろいろなことをやってきて今後やりたいことも見えている、何で大学に行かなきゃいけないのか、大学に行くのは遠回りになるじゃないか」という点について厳しく指摘され、悩みました。「ひとつひとつの経験を積み上げてやってきたというのは、個別と大枠でいえば個別である。全体として俯瞰するような視点をもたないと個別の行動はできてもそれ以上のことはできない。自分でさらに先に進むためには、全体を俯瞰して構造を理解するような力が必要なのでは? それを身につけるために大学に行くのでは?」と助言をいただき、自分でもやっと大学に行く意味がはっきりし、やったと思いました。

二次選考当日について

清水:
実際のSFCの面接はいかがでしたか?

間中さん:
面接官は3人で、左から30代前半の男性、30代後半の女性、30代前半の男性という感じでした。最初は皆、資料を見ていて、そのうち一番右の先生が「そもそも大学に行く必要があるのかな? 君はいろいろな経験をしてきたうえ、行動力もあるみたいだから、このまま大学に来ないで自力でやってみたらどう?」 と洋々で聞かれたようなことを聞いてきました。そこで、事前の練習通りに「全体として俯瞰するような視点をもたないと個別の行動はできてもそれ以上のことはできない。さらに先に進むためには、全体を俯瞰して構造を理解するような力が不可欠となり、それを身につけるために大学に行く必要がある」と答えました。

清水:
返答に困るような質問はありませんでしたか?

間中さん:
一番左の先生の、「君はスリランカで活動しているね、スリランカをどうしたいの?」という質問ですね。この先生は圧迫面接というか、「違うだろ」「どうしたいんだよ」「もっと簡単に言えよ」という感じでたたみかけてきました。たとえば、「簡単にいうと、今まで見てきたようなトラブルが起きないような社会にしたいです」と答えると、「それは俺が言ったことじゃない。もっと簡単に言ってくれよ。どこが君のスリランカのゴールなのか。慶應で学んでそれがどうスリランカに活かせるのか」といった感じです。一瞬、頭が真っ白になってしまいました。

清水:
今年度のインタビューを分析すると、特に総合政策の面接が難化したような印象があります。

間中さん:
さっきの場面に続けて、真ん中の先生から「何も反論できないってことは、そこまで考えてなかったってこと? それとも考えてはいたけど言葉にまとめられなかったってこと?」という質問がありました。「イメージとしてはあるし、頭の中では概略は浮かんでいたんですが、それを言語化できないってことは今の僕に足りないスキルだと思います。世の中のことで自分の頭の中にはあるけど言葉にできないことについて、新聞の記事に短いことばでまとまっているような経験は今までもたくさんありました。」と答えました。すると、「そう、それが、学を身につけるということの一つでもある。学ぶことで、きちんと論理的に組み立てて、言語化することができる」ということを言われました。

清水:
なるほど。それはたしかに、社会に出てからも必要となるスキルですね。

間中さん:
最後に、スリランカの内戦についても聞かれました。これは自分で経験してきたことでもあったので、「人種の問題もあるし、宗教の問題もあるし、一言ではいえません。インドから奴隷として連れてこられた人たちが、スリランカ人でもないし、インドに戻ることもできないし、ということで独立したいということではじめたもので、そのあと、自国の政府に納得できないスリランカ人の若者がそこに入っていったりして、複雑になっています。」と答えました。すると、「もしうちの大学に入ったらその戦争についても勉強しなさい」と言われて面接が終わりました。

清水:
プレゼンはどうでしたか?

間中さん:
プレゼンははじめにやる?と聞かれて、はいと答えて始めました。ちょっと緊張して早口だったので6分くらいで終わったみたいでした。あと1分くらいあるけど聞きたいことがあるから始めましょうという感じで面接に移りました。プレゼンについては洋々で練習したとおりにできました。

清水:
プレゼン、面接が終わったときどう思いましたか?

間中さん:
だめだと思いました、完全にだめだと思いました。ただ、最後に「入ったら戦争についても勉強しなさい」と言われたので、ちょっとは考えてくれているのかな、これで落ちたら本当にいやみだなと思いました。(笑)

清水:
SFCに入ったらどんなことをしたいですか?

間中さん:
勉強について他のSFC生に比べてだいぶ遅れていると思うので、1年のうちに基礎的な科目をしっかりやりたいと思います。実は、今すでに「基礎からわかる数I」のようなものから勉強を始めています。2年目からはスリランカのことについていろいろ取り組んでやっていこうと思っています。

清水:
最後にこれからSFCを受験する方へのアドバイスをお願いします。

間中さん:
早めに準備をして、できれば本をたくさん読むのがいいと思います。思考を深めるうえでも、面接で自分の意見をいうためにも。ただ、面接については、自分の場合、準備はどうしていいか全くわからないまま洋々を頼ることにしたので、大したアドバイスはできません。あえて言えば自分の目指す分野の本をよく読んでおくことくらいだと思います。