国際教養大学(AIU)推薦入試合格!S.N.さん



AIUでないといけない理由を徹底的に考え、国際教養大学推薦入試に見事合格!

「志望理由が明確になり、それを表現する方法を身に着けることができました。」


S.N.さん

神奈川県 私立N高校

国際教養大学国際教養学部 推薦入試  合格
早稲田大学国際教養学部 AO入試   合格

-合格発表の瞬間について教えてください。

 国際教養大学(以下、AIU)の合格発表は家で確認しました。受かっていると思っていなかったので、本当にびっくりしましたし、うれしかったです!家族も喜んでくれました。

-AIUを目指したきっかけを教えてください。

 きっかけは高校1年生の時に行った短期留学です。英語を学ぶために各国から学生が来ていたのですが、授業の中でみんな活発に意見交換をしている中で私は何も言えなかった経験があります。この経験から、国際的な環境においても周囲を引っ張っていけるような人になりたいと考えるようになりました。

 そこで大学ではディスカッションやグループワークを多く取り入れた授業を行っているAIUや早稲田大学の国際教養学部(SILS)に興味を持つようになりました。

 その中でもAIUを第1志望として選んだのは、授業でもずっと英語を使う事、LDICという外国語習得に特化した設備がある事、寮生活で外国人留学生とルームメイトになれる事、入学時点での海外経験よりも入学後の成長を重視している事などから、AIUが最も自分の能力を伸ばせる環境だと考えたからです。

-出願書類の準備はどのように進めていきましたか?

 4月ごろから洋々で志望理由について考え始めました。初めのころはAIUに行きたい気持ちは大きかったのですが、しっかりとした志望動機はありませんでした。
 
 そうした中で洋々のメンターと一緒に私の興味はどこにあるのか、好きな事は何かといったことについて時間をかけて考え、それが徐々に志望理由につながっていきました。自分がどういう人なのかが分からず、自分と向き合う中で、どうしてAIUに魅かれているのかという点を詰めていきました。

-面接の準備はどのように進めていきましたか?
 
 面接の準備も洋々で行っていきました。志望理由を考えるのに時間かけてきた分、面接の準備はそこまで大変ではなかったという印象です。

 メンターとプロと一緒に考えてきたことを簡潔に伝えることを意識して面接練習を行いました。

-本番当日はいかがでしたか?

 面接は緊張するかと思っていましたが、和やかな雰囲気ですぐ終わってしまった印象でした。相当準備してきたしてきた分、寂しい気がしました(笑)。 「もっと話したい!」と思いました。

 英語小論文も時間配分は上手くできましたが、言いたいことがしっかり伝えられたかは少し心配でした。

-全体を通じて洋々のサポートはいかがでしたか?

 洋々を見つけることができてよかったです。AIUに対する志望理由が明確になり、それを表現する方法を身に着けることができました。

 また、担当のメンター、プロだけではなく複数の方からコメントをもらえる仕組みがよかったです。最初はたくさんダメ出しをいただいたのですが、その時のコメントから志望理由書を見直していき、より良いものにすることができました。

-今後受験される方へのアドバイスをお願いします。

 志望理由書を書いていくにあたっては自分自身としっかり向き合うことが大事です。なぜ大学に行きたいのか、なぜ数ある大学の中でAIUなのか、自分自身と対話していくことが大切だと思います。

 英語小論文については高1のころからもっと時事問題に興味を持って、意識して見ておけばと思いました。コツコツと積み重ねていくことが結果につながると思います。ぜひがんばってください!

どうも有り難うございました。S.N.さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。