AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

国際教養大学(AIU):推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々 > 各大学のAO推薦入試 > 国公立大学 > 国際教養大学(AIU):推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試

国際教養大学:推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試の対策

国際教養大学(AIU)推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試の対策

国際教養大学の推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試について解説しています。出願資格、募集人数、選考スケジュール、倍率、選考科目など、一通りお読みいただくことで国際教養大学の推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試の全体像について理解いただくことができます。

国際教養大学推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試では、出願資格において英語要件があったり、選考において英語小論文や英語による面接が実施されたりと、入学後の国際的な環境に耐えうる英語力があるのかを確かめる意図があることがわかります。
ギャップイヤー入試で合格した場合、9月の入学になり、4月~8月の期間はギャップイヤーとして大学での学びに通じる活動の実施に充てるというユニークな入試制度になっています。

 


 

国際教養大学推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試の概要

募集人数・出願資格・選考科目

入試
方式
募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件選考科目
推薦入試35名1浪まで可全体の評定平均値4.0以上英語資格あり*1書類/
英語小論文/
面接
1浪まで可活動要件あり*2書類/
英語小論文/
面接
AO・IB・高校留学生入試Ⅰ10名既卒も可要件あり*3書類/
英語小論文/
面接
ギャップイヤー入試5名既卒も可書類/
英語小論文/
面接

 

*1 推薦入試の英語資格

「推薦入試」評定要件と英語資格要件で出願する場合、全体の評定平均値4.0以上に加え、以下のいずれかの英語資格要件を満たす必要があります。

・TOEFL iBT:45点以上
・TOEFL PBT:450点以上
・TOEIC L&R/S&Wの合計:840以上
・英検:2級以上
・GTEC(CBT):800点以上
・TEAP:230点以上
・IELTS:バンド5.5以上
・中等教育の最終学年を含め3年以上継続して英語で教育を受け、卒業している(または見込みの)場合、それを証明する書類をもって上記の英語資格を証明する書類に代えることができる

 

*2 推薦入試の活動要件

学業やスポーツ、文化活動などの特定分野で、国際大会出場あるいは日本国内の全国規模の大会等で優秀な成績を修めた者またはこれに相当する実績を有する場合、評定平均値・英語資格に関係なく「推薦入試」に出願することが可能です。

 

*3 AO・IB・高校留学生入試Ⅰの出願要件

「AO・IB・高校留学生入試Ⅰ」の出願には以下の1)~3)のいずれかに該当している必要があります。

1)以下のいずれかの英語スコア・資格
・TOEFL iBT:61点以上
・TOEFL PBT:500点以上
・TOEIC L&R/S&Wの合計:1100点以上
・英検:準1級以上
・GTEC(CBT):1000点以上
・TEAP:300点以上
・IELTS:バンド6.0以上

2)海外において、日本における高等学校にあたる教育機関に1年間程度在籍し、当該教育機関での学修結果を、日本での所属高等学校における履修単位として30単位程度認められた者

3)日本において、IB(国際バカロレア)カリキュラムのDP(Diploma Program)を修了し、最終試験6科目に合格した者または見込みの者

 

国際教養大学推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試のスケジュール

出願:11月上旬

選考:11月下旬

合格発表:12月下旬

入学:翌年4月

 

国際教養大学の推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試のアドミッション・ポリシー

 

国際教養大学の教育目標を理解し、グローバル社会のリーダーとなるための教育課程に意欲をもって挑戦できる基礎学力を有し、同僚学生と切磋琢磨するとともに協働により互いを高めあうことに喜びを感じることのできる次のような学生を受け入れます。その際、受け入れる学生の多様性を重視した選抜方法を設定します。

主体的に学ぶ意欲が強く、鋭い問題意識を持つ学生であって、

社会科学、人文科学、自然科学の広い分野について均衡のとれた基礎学力、論理的、批判的、創造的な思考力を身に着けた学生あるいは特定分野について卓越した経験や能力を有しながらより広い分野について学修を深めようとする意欲を持つ学生
海外での学修経験や諸活動への参加経験、国内での国際交流事業などに積極的参加を経験するなど世界の多様な文化、言語、歴史、社会などの国際関係について強い関心と探求心を持つ学生
国際社会を舞台に活躍できるような実践的な外国語運用能力(特に英語)と、幅広い教養の修得を志す学生
を求めます。

また、学生には、高等学校での学修を通じて、国際社会への知識と関心を深めるとともに、日本の社会・歴史・文化、世界の歴史についての基礎的知識を修得していることが期待されます。

さらに、学生は大学での学修において、

英語で教養教育を修めるに足る十分な英語運用力を獲得する意欲を持ち、
バランスのとれた教養教育科目を履修要件とする本学のカリキュラムを理解しこれに積極的に挑戦し、
留学などで直面する困難な問題にも自立的学修者として取組める強い意志と、多様な背景を持つクラスメートあるいは留学先の人々と協働できる能力を高める意欲を有する
ことが必要です。

引用元:https://web.aiu.ac.jp/undergraduate/policies/

 

国際教養大学推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰの倍率

過去3年間の入試倍率です。推薦入試およびAO・IB・高校留学生入試Ⅰの合計の倍率となります。近年は高倍率となっており、しっかりとした準備が必要と言えます。

2019年:7.4倍
2018年:6.9倍
2017年:6.6倍

 

出願書類

 

自己アピール書

出願書類の中でもっとも重要な書類が「自己アピール書」です。すべての方式で提出が必須となります。所定の用紙を用いて日本語400字以内で作成します。自身の経験に触れながら、自らが国際教養大学で学ぶにふさわしい人物であることをアピールします。短い字数制限の中で、可能な限り自分について表現できるよう、推敲を重ねる必要があります。

 

ギャップイヤー活動計画書

ギャップイヤー入試に出願する場合に提出が必要です。所定の用紙を用いて、ギャップイヤー期間における活動内容、活動予定時期および達成目標について1000字~1500字の日本語で記述します。活動例として、インターンシップやボランティア研修、フィールドトリップなどが挙げられます。自らの志望理由と照らし合わせ、入学後の学びにつながる活動を設定しましょう。

 

選考科目

 

英語小論文

英文を読み、自らの意見について300 words以上で論述します。パラグラフ数や盛り込む内容についても指示があります。英語エッセイの基本的な書き方を身に付けるとともに、日頃からニュースや新聞を通じて社会に対する関心をもち、それらに対する自らの意見を持つ習慣を身に付けておく必要があります。

 

面接

面接は約10分~15分程度の個人面接です。日本語と英語両方で面接が行われます。志望理由や高校時代の経験、あるテーマに対する意見などが質問されます。どういった内容の質問に対しても、日本語、英語どちらでも答えられるよう準備をしておきましょう。

 

国際教養大学推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試合格者の声

 

国際教養大学(AIU)に推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試で合格したい方へ

洋々では国際教養大学(AIU)推薦入試、AO・IB・高校留学生入試Ⅰ、ギャップイヤー入試の出願書類、英語小論文、面接等の試験に対応した講座をご用意しています。

まずは無料の個別相談にお越しください。最新の受験情報のご提供やカウンセリングによる最適な受講プランのご提案をさせていただきます。

 

 

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!