国際基督教大学(ICU)AO入試( Aカテゴリー )

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾洋々 > 大学別アプローチ > 国際基督教大学(ICU)AO入試( Aカテゴリー )

入学試験概要

方式 募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件 1次 2次
A 45 2浪
まで
4.1 これまで本試験に出願していない者
所定英語資格スコアの提出
書類 グループ
ディスカッション
B 4.0 これまで本試験に出願していない者
数学または理科4.2
書類 面接
(プレゼン)

国際基督教大学(ICU)AO入試 スケジュール

出願:8月下旬~9月初旬

1次発表:10月初旬

2次選考:10月中旬

最終発表:10月下旬

入学:翌年4月

国際基督教大学(ICU)AO入試(Aカテゴリー)の特徴

国際基督教大学(ICU)AO入試にはAカテゴリーBカテゴリーという2つの出願方式があります。

両カテゴリーの出願資格における違いは、Aが全体の評定平均値が4.1以上必要であるのに対し、Bは必要な全体の評定平均値が4.0以上となりますが、その代わり数学または理科の評定平均値が4.2以上であることが求められます。

その他出願書類、2次選考の内容もカテゴリーで異なるので注意が必要です。

倍率は年度により差はありますが、例年2倍後半~3倍前半となっています。

1次選考:書類選考

1次選考は書類による選考が行われます。

特に重要な書類

入学願書②-1、②-2

例年以下の3つの設問から構成されています。

【 設問 】
「1.ICU に入学することを強く希望する理由を述べてください。」
「2.ICU で何を学んでみたいですか。あなた自身の希望をその理由も含め述べてください。」
「3.あなたを学生として受け入れることが ICU にとって重要であると思われる理由を述べてください。」

1.2.ともにオーソドックスな設問と言えますが、特色あるカリキュラムを展開する大学だけに、この問いに答えるためにはICUに対する深い理解が必要不可欠と言えます。

そのうえで、自分の将来の目標達成のためになぜICUでの学びが必要なのかについて考えていくことが重要です。

3.については、ICUがこのAO入試を通じてどんな人物を受け入れたいと考えているのかを意識しつつ、自分の強みと照らし合わせて考えてみましょう。

自己活動歴と自己分析

【 設問 】
「高等学校在学中に、学校の内外で比較的長期(少なくとも 2、3 週間以上)にわたり参加した教科外の諸活動を通して、指導者(リーダー)としての自分の資質をどのように評価することになったかを、的確に分析し 800 字以内で述べてください。」

上記からも分かるように、リーダーシップ経験について問われています。「教科外の諸活動」についてはクラブ活動、生徒会など幅広く捉えてよいとされており、「何をしたか」も当然大切ですが、それ以上にリーダーとしてそこから「何を得たか」について自分なりに考えを深めていることが重要になります。

また、必ずしもリーダーという役職名がなくとも、主体的に周囲を引っ張った経験があり、そこから何かしらの学びを得た経験があれば、それを端緒に書いていくことが可能です。

小論文

【 設問 】
「初対面の人(複数)に、自分の特長を深く、かつ正確に知ってもらおうとする時、あなたは自分の経験を、どのように伝えますか。(以下省略)」

上記について所定の用紙を用い1500字以内で記述します。

経験と結び付けながら自身の特長を説明することが求められています。経験を記述する際は文章が悠長にならないよう注意が必要です。

2次選考:グループ・ディスカッション

グループ・ディスカッション

2次選考では、グループ・ディスカッションが課されます。
「図表を用いた口頭試問」、「用意されたテーマについて4人程度のグループでのディスカッション」、「ICUでの学び、将来についてのプレゼン」という流れで行われます。

グループディスカッションの練習をして雰囲気に慣れておくことはもちろんのこと、さまざまな図表に触れ、そこから意味を読み取る練習を行っておくことが必要です。

洋々の『国際基督教大学(ICU)AO入試対策プラン』

洋々では国際基督教大学(ICU)AO入試の出願から2次選考までサポートするプランをご用意しております。
→国際基督教大学(ICU)AO入試対策プランはこちら

洋々卒業生『合格者の声』

下記をクリックして頂きますと、見事、難関を勝ち抜いた洋々出身の先輩の
『ICU AO入試合格体験記』 を見ることができます。