AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

成蹊大学:AOマルデス入試


成蹊大学AOマルデス入試の対策

成蹊大学AOマルデス入試の対策

成蹊大学AOマルデス入試について解説しています。一通りお読みいただくことで、出願資格、募集人数、選考スケジュール、倍率、選考科目、出願書類の内容など、成蹊大学AOマルデス入試の全体像についてご理解いただけます。

成蹊大学AOマルデス入試の概要

 

成蹊大学の特徴

成蹊大学は東京都武蔵野市に所在する私立大学です。小学校から大学まで一つのキャンパスに立地しており、歴史ある建造物や欅並木など落ち着いた雰囲気が魅力のキャンパスです。「自発的精神の涵養と個性の発見伸長を目指す真の人間教育」の理念のもと、少人数で実践的な教育に特長があります。
2020年4月より経済学部が経済学部と経営学部に分かれ、経済学部には経済数理学科と現代経済学科が、経営学部には総合経営学科が設置されます。

AOマルデス入試の特徴

成蹊大学では経済学部、経営学部、法学部、文学部、理工学部の各学科においてAOマルデス入試を実施しています。「マルデス」とは、The Multi Dimensional Entrance Examination for Seikei University の頭文字です。 「一人ひとりの受験生の『顔が見える入試』」を目指し、さまざまな選考科目を通じて多面的に志願者を評価する入試となっています。
すべての学部・学科で既卒生も出願できるうえ、評定による要件もありません。さらに経済学部現代経済学科、経営学部、法学部は履修科目や取得資格による要件がないため、多くの受験生にとってチャレンジしやすい入試となっています。
一方で、経済学部をはじめとする学部では出願時に課題レポートが課されたり、2次選考では特有の形式の総合問題が出題されたりと、質・量ともにしっかりとした準備を求められる内容となっています。

求める資質

経済学部

・経済現象の解明と社会問題の解決に対する強い関心
・経済学を学ぶ上で必要となる基礎的な学力
・他者と積極的にコミュニケーションを図り、協力しようとする姿勢

経営学部

・自分の将来に関して、明確なヴィジョンをもっている、または自分の将来を真剣に見つめている。
・自分の意見や考えを明確かつ論理的に表現できる。
・知的好奇心が旺盛で、わからないこと、理解できないことを放置せずに、納得がいくまで自分で調べたり質問したりする。
・他人の意見を尊重し、共同して学修することに積極的に取り組める。

法学部

・「コミュニケーション能力」に富んでいること。
・コミュニケーション能力に先立って、それを深いところから支える「強い個性」があること。

文学部

・人間、文化、社会の本質と内在する問題を発見し、それを探求する力。
・物事を論理的に考え、独創性をもって的確に表現する力。
・自分以外のものに共感の目を向けて理解する力と異なる文化を生きる他者との共生力、それを支える豊かな感性。

理工学部

・自然現象や普段の生活で使われている技術に対する広い視野と深い考察力があること。
・その視野と考察力を基礎とした柔軟な発想をもつこと。
・数学や理科あるいは科学技術に対する興味と、その修得に対する強い意欲をもつこと。
・実験結果を論理的に解析・考察する能力があること。

 

募集人数・出願資格・選考科目

学部/
学科
募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件1次選考2次選考
経済/
経済数理
4名既卒も可数ⅠA・ⅡBを履修、数学の合計習得単位数が13単位以上書類筆記/
討論
経済/
現代経済
8名既卒も可書類筆記/
討論
経営20名既卒も可書類筆記/
討論
法/
法律
6名既卒も可書類筆記/
討論
法/
法律
4名既卒も可書類筆記/
討論
文/
英語英米文
3名既卒も可所定の検定試験の所定の成績*1書類発表・質疑応答
文/
日本文
3名既卒も可所定の検定試験の所定の成績*1書類発表・質疑応答
文/
国際文化
3名既卒も可所定の検定試験の所定の成績*1書類発表・質疑応答
文/
現代社会
3名既卒も可所定の検定試験の所定の成績*1書類発表・質疑応答
理工/
物質生命理工
8名既卒も可数学13単位以上、理科10単位以上修得書類実技/
面接
理工/
情報科
8名既卒も可数学13単位以上、理科10単位以上修得書類実技/
面接
理工/
システムデザイン
8名既卒も可数学13単位以上、理科10単位以上修得書類実技/
面接

*1検定試験の成績について(文学部)

文学部の出願には以下のいずれかの検定試験における所定の成績を満たす必要があります。

英検:2級以上
TOEFL:iBT 52点以上
TOEIC:L&R 560点以上
日本漢字能力検定:2級以上<日本文学科のみ可>

 

AOマルデス入試スケジュール

 

出願:10月上旬

1次発表:11月上旬

2次選考:11月中旬

合格発表:11月下旬

入学:翌年4月

 

AOマルデス入試の倍率

2019年度入試の入試倍率は以下の通りです。学部・学科ごとに違いはあるものの、どの学部学科もしっかりとした準備が必要といえます。

経済学部:5.3倍
法学部法律学科:5.5倍
法学部政治学科:3.5倍
文学部英語英米文学科:4.5倍
文学部日本文学科:3.3倍
文学部国際文学科:7.3倍
文学部現代社会学科:3.7倍
理工学部物質生命理工学科:2.2倍
理工学部情報科学科:10.7倍
理工学部システムデザイン学科:3倍

 

1次選考:出願審査

志望理由書

志望理由書は所定の用紙を用いて手書きで作成します。設問は学部ごとに異なりますが、どの学部においても自身が目指す将来像を明確化し、それを実現するにあたりなぜ成蹊大学の志望学部での学びが必要なのかについて説明できるよう、考えを深めておく必要があります。

課題レポート

経済学部、経営学部の課題レポートのテーマは以下の通りです。

経済学部

大学生は原則、寮で生活すべきか?

 アメリカやイギリスなど諸外国では、多くの大学生が寮で生活をしています。大学によって寮の形態は異なりますが、勉学に集中できるような仕組みが提供されています。例えば、キャンパスの敷地内やその近くに寮があるため、通学に便利です。寮生活には不自由な面もありますが、学ぶことも多く、その経験は社会に出てから役立ちます。また、設備の割に家賃が安かったり、キャンパスに必要な施設が集約されて出費が抑えられたり、経済的なメリットもあります。
 社会的・経済的な側面や、他国の事情との比較など、大学生が寮で生活をすることについて考えてみましょう。それをもとに、成蹊大学で寮生活を原則とするとしたら、その是非について、あなたの考えをまとめて下さい。
(https://www.seikei.ac.jp/university/s-net/pdf/e_touronnryoku.pdf)

経営学部

学校教育のオンライン化について

 情報通信技術(ICT)が社会のあらゆる場面で活用されるようになっています。近年、学校教育の場面でも ICT を活用する流れになっており、その中で注目されているものがオンライン教育です。インターネットを通じてなされるオンライン教育では、受講者は場所・時間を問わず視聴することが可能であり、利便性が高いものです。一方、PC 等の機器や通信環境の整備が必要である上に、受講に高いモチベーションが求められるなど対面式の授業とは異なる課題があることも事実です。
 オンライン教育を今後どのように活用するのが望ましいかを、その利便性や課題を詳細に検討しながら論じてください。
(https://www.seikei.ac.jp/university/s-net/pdf/b_touronnryoku.pdf)

 

2次選考

2次選考の内容は学部によって異なります。

経済学部

総合分析力審査:和文・英文の文章や図表等をもとに記述式の試験を行い、資料を正確に分析・理解し、それをもとに表現する力を審査します。

討論力審査:課題レポートのテーマについて、5〜6名で討論し、明確かつ論理的に表現する力を審査します。

経営学部

総合分析力審査:和文・英文の文章や図表等をもとに記述式の試験を行い、資料を正確に分析・理解し、それをもとに表現する力を審査します。

討論力審査:課題レポートのテーマについて、5〜6名で討論してもらいます。明確かつ論理的に表現する力を審査します。

法学部

資料読解力・文章表現力審査:文章を正確に読み取り理解する力と、自分の考えを魅力的な文章にまとめる思考力と文章表現力が問われます。

討論力審査:テーマについて5〜7名程度でグループ討論を行い、各受験者の参加姿勢や発言内容に基づいて審査します。審査は約60分間の討論です。

文学部

発表・質疑応答審査:「プレゼンテーション+対話」型の個人面接を行います。所要時間は約30分とし、学科ごとに指定された課題に基づく約10分間のプレゼンテーション(発表)、発表内容や課題に関する5〜10分程度の質疑応答、志望理由などについての5〜10分程度の質疑応答を行います。

理工学部・物質生命理工学科

実技/思考力審査
①実技審査の内容について担当審査員が解説します。
② 実際に実験を行います。結果だけでなくすべての観察事項を記録してお
いてください。
③ 実験中は複数の審査員が実験台を回ります。実験に関して不明な点は自
由に質問してください。審査員からも質問があるかもしれません。
④ 実験の結果をレポートにまとめます。

面接審査:一次審査に提出された志望理由書、活動報告書、および実技審査で作成したレポートの内容などについて口頭試問します。

理工学部・情報科学科

思考力審査:順序立てて物事を考える力を見るために演習に取り組みます。通常のペーパーテストとは違って、審査員に質問することができます。
① 数学的思考力・論理的思考力・アルゴリズム(解法)作成力を問う問題が出題されます。
② 内容は基本的なものですが、途中経過を丹念に詰めていく必要があります。鉛筆と紙を使って問題に取り組みます。
③ 途中経過も採点対象ですので、解答用紙には答を導くまでに試行錯誤した内容も含めてすべて書き込んでください。

面接審査:一次審査に提出された志望理由書、活動報告書、および思考力審査の内容を中心に、情報科学を学ぶ意欲と数学・理科の基本事項について口頭試問します。

理工学部・システムデザイン学科

思考力審査
身の回りの道具や機器(実物を配付することもある)、あるいは事象などについて、おもに文章(補助的に図やイラストを用いても良い)による説明を求めます。

面接審査:一次審査に提出された志望理由書、活動報告書に書かれたことを中心に面接を行います。口頭試問では高校までの数学や理科(特に物理)において基礎的な事項を理解しているかどうかを確認します。

参照元:成蹊大学入試情報サイトS-NET(https://www.seikei.ac.jp/university/s-net/admissions/aomuldes/

 

洋々の「成蹊大学AOマルデス入試対策プラン」

洋々では成蹊大学AOマルデス入試の出願書類、2次選考科目それぞれに対応した講座をご用意しています。

まずは無料の個別相談にお越しください。最新の受験情報のご提供やカウンセリングによる最適な受講プランのご提案をさせていただきます。

 

 

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!