早稲田大学国際教養学部AO入試 合格 !八木さん

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾洋々 > 洋々 卒業生の合格校 > 早稲田国際教養 AO入試 > 早稲田大学国際教養学部AO入試 合格 !八木さん

国際的な環境を求めて早稲田国際教養AO入試を受験して見事合格!

文を書くときの基礎がしっかりできたので本番でもすらすら文章を書くことができました。

私立郁文館グローバル高等学校

早稲田大学国際教養学部AO入試 合格

まずは早稲田国際教養学部を目指したきっかけを教えてください。

ニュージーランドに留学したことで将来国際的な仕事につきたいと思うようになり、大学では様々な文化をもった人とコミュニケーションを取ってみたいと考えるようになりました。海外の大学も視野に入れていましたが、経済的な事情もあり、まずは日本の大学に行こうと思い、その中でも多様な国の人が集まる早稲田国際教養学部に行こうと思うようになりました。

早稲田国際教養学部AO入試の準備はどのようにされましたか?

高3の4月くらいから徐々に自分が興味をもっている分野について新聞やネットから情報を集め始めました。受験する大学学部を具体的に決めたのは8月に入ってからです。志望理由書はメディアと日本の国際的位置というテーマで書きました。高校にネイティブの先生がいるので夏休み中に何度も見てもらいました。

筆記試験(Critical Writing)の準備はどのようにされましたか?

早稲田国際教養の筆記試験に特化した講座が取れるということと、自分のスケジュールに合わせて受講ができる、という理由で洋々で準備をすることに決めました。洋々のCritical Writing対策講座は書き方のフォーマットから覚えることができてとてもやりやすかったです。講師の方にも基礎から丁寧に教えてもらいました。宿題をWeb塾で送れるのもよかったし、6回で完成というのもちょうどよかったです。文を書くときの基礎がしっかりできたので本番でもすらすら英文を書くことができました。講座を通してリーディングの力も付いたと思います。

自身の準備を振り返って今後AO入試を受験する方にアドバイスをお願いします。

AO入試は模試で偏差値が出るわけでもないので準備をしていると不安に感じることもあると思います。早稲田国際教養であれば帰国子女が多いから自分は難しいのではないか、とかいろいろなことを思ってしまいがちですが、僕の周りを見ても真面目にこつこつ準備している人は受かっているように思います。ですので、前向きに準備をするのがよいのではと思います。早稲田国際教養の筆記試験については、僕は、具体的な準備をするのは書類を提出してからの方がよいと思います。一度に複数のことを行うのではなく、1つのことをしっかり完成させてから次のことに取りかかる方がよいと思いますので。
それから新聞は読んでおいた方がいいと思います。テレビでもよいと思いますがいろいろな方面にアンテナを張っておいて何でも吸収しようとする姿勢が大事だと思います。
英語に関して言えば、語彙力をつけてたくさんの言い回しを覚えることが大事だと思います。あとは英語に慣れることですかね。僕の場合は、Youtubeで英語の番組を見たり、ケーブルテレビでCNNを見ていたりしていました。 是非頑張ってください。

どうも有り難うございました。八木さんの今後のご活躍を、洋々のスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。