総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:青山学院大学文学部 フランス文学科個別学部日程B方式

総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々 > 小論文の書き方 > 大学入試における小論文:青山学院大学編 > 小論文解説:青山学院大学文学部 フランス文学科個別学部日程B方式

問題文

「フランス文学科の小論文」と言うよりも、「文学部の小論文」といった方が適しているような文章が出題される。たとえば「西洋文明を取り入れた日本社会」についてとか、「(日本の)音声言語と文字言語」についてとか。人文学系の学部であれば頻出のテーマが中心である。そこではフランス文学に特化した「知識」よりも、一般的な「読解力」や「文章力」「考察力」が試されているのであろう。そのために、与えられる文章も、語彙が難解で、論理の複雑なものが多くなるのだ。
それが「現代文」ではなく「小論文」である意味は、フランス文学科の場合は最終問題の意見論述問題(制限字数800字)にある。そこでは「現代文」のような文章細部の正確な理解力が問われるのではなく、文章全体の「論理構造」を使用することが求められているのである。もちろん「文芸」を主軸とした「文学部」であるために、言語表現力も必要となる。そのような「書く力」「考える力」を測るために小論文が課されるのである。

 

設問

漢字と語彙の問題が5~10問ほどと、傍線部の要約(推論)説明問題が2~3問ほど。最後に800字程度の意見論述問題が出題される。「語彙」と「要約説明」は、ほぼ「現代文」と見做される。小論文と捉えてよいのは最終問題と、要約説明に「推論」や「事例の提示」が必要な場合のみである。「推論」にしても「事例の提示」にしても設問文に条件が付されているので、基礎的な解法さえ身に付けておけば、あとは条件に従って解答を作るだけである。800字の意見論述問題にも例年、解答の方向性に関する指示が加えられているので、それに従って論述を進めればよい。逆にそこで「指示」を見逃してしまうと、いくら優れた文体と考察を書いても「答案」としては成立しなくなってしまう。
また青山学院フランス文学科の場合、800字の意見論述問題の冒頭にも「著者の意見の要約」を記した方がよいであろう。二項対立的な文章であれば、「賛否」も明記しておくことを勧める。数年に一度そのような指示が出されているのだ。「出題者側の考え」を汲み取ると、指示が無くても「書いた方が(どちらかと言えば)良い」となるのではないか。

 

合格レベル

共通テストの外国語が200点。小論文が200点。2021年は小論文で132点が基準点となり、それ以上の者が外国語の点数により上位から選抜された。外国語の最低点は179点である。倍率は2.4倍。小論文の点数が低く、外国語の点数が高いことからは、「小論文」は最低限度の「読み」「書き」と「設問対応」が出来るかどうかだけを見て、本格的な合否判定は「外国語」に委ねられていることがわかる。800字の意見論述問題は、「ヒドイ答案」とならないように「体裁を整える」練習くらいはやっておくべきであろう。
 

対策

800字の意見論述問題以外は現代文の対策で足りる。一般的な受験・現代文の対策をしておいてほしい。
800字の意見論述問題に関しては、基礎的な「設問への対応の仕方」と「答案の構成の作成方法」を知っていれば、あとは「文章力の養成」に重点を置いて過去問を解くのが有効であろう。もちろん「時間配分」を気にする必要はある。だが、ここでは「小論文」に時間を掛けるよりも、外国語の習得に少しでも多く時間を割いた方がよいであろう。青山学院文学部フランス文学科の合格者選抜方式では、小論文は「読み」「書き」「設問対応」と「答案全体の体裁」が整えられていれば十分なのだ。

 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!