総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:上智大学総合人間科学部看護学科(公募推薦)


問題文

制限時間60分。指定字数800字」という要求に適した量の文章が出題される。その文体も難解な語彙が多いということはなく、読みやすく、分かりやすいものである。
ただ、内容を見るとやや哲学的な要素もあり、理解するのが困難となる箇所もある。その通り、看護学科公募制推薦入試の小論文では、人生の意義についてであったり、人間の生と死についてであったり、「自己の使命」「他者理解」「学び」「欲望」などのような「生きる上での前提となること」を問う内容が多いのである。
この「問題文」では「文章読解」というよりも、読んだものを理解し、それをどこまで論理的に深く考えることが出来るのか、といったことが試されているのであろう。そうすると、問題文に対する「表面上の理解」は解答を作成するにあたっての「前提」ということになり、「文章読解」の時点では躓けなくなってくるのだ。

 

設問

設問はほぼ毎年「以下の文章を読んで、あなたの考えを800字以内で述べてください」というものである。それに「具体例を挙げながら」や「主題〇〇〇について」などといった簡単な条件が添えられるだけである。
このような場合は、設問文に記されてはいなくても「要約」は載せておくべきであろう。もちろん場合によっては無くてもよいが、書いた方が、利点が多くなるのである。その「要約」の後の展開を進めていくのは、基礎的な小論文の解法を心得ていれば容易であろう。注意点としては「問題文の趣旨を踏襲すること」と「具体的な事例を入れること」と「設問の要求に一貫して応えること」などがある。
「医療従事者としての知識」については、「あった方がよい」という程度であろう。「知識」に偏り過ぎると、「問題文の文脈」や「設問の意図」に忠実に反応していくことが困難になるのである。「医療者としての適性」や「看護師にとっての常識」に抵触しなければよいのだ。

 

合格レベル

自己推薦書とレポート課題、面接とともに総合的に判定される。上智の総合人間学部看護学科では2017年が1.8倍、2018年1.9倍、2019年2.6倍、2020年2.1倍、2021年1.3倍となっており、平均して2倍前後である。つまり受験生の平均点がボーダーラインということになる。そのような場合はまずは「ミスをしないこと」を心掛け、次に看護学科であれば「読み手を意識した丁寧な説明」が重要となってくるのであろうか。これについては他の評価基準の出来にも左右されてくるであろう。

 

対策

入試本番までに「読解力」「考察力」を高めておく必要がある。問題文を確実に理解して、自分なりに深く考えた意見を導き出せるようになっていれば、余裕をもって本番を迎えることが出来るのである。10月末には小論文は「ミス」と「説明の丁寧さ」だけ気にすればよい、という状態になっているのが最良であろう。
さらに上智の看護学科では「自分なりの人生のヴィジョン」などといった哲学的なテーマに対する「解答」を、いくつか作っておくことも、有効であるのかもしれない。思考に瞬発力があれば「人間の生き方について、あなたの考える主体性とは…(2012年過去問)」といった設問にも「人生」を単位とした自分なりの深い意見を言えるのだが、なかなかその場で「人生の指針」などを示すのは難しいであろう。そのような出題があることも想定して、「ある程度の解答」は用意しておいた方が良い。
 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!