総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:上智大学外国語学部ポルトガル語学科(公募推薦)


基礎的知識を問う設問

制限時間60分で20~40問ほどが出題される。出題されるテーマはロシア語学科とほぼ同じである。
たとえば都市の名称河川の名称を聞かれたり、著名な人物を聞かれたり、歴史的な出来事を聞かれたりする。設問形式は、選択問題であることも、記述式であることもある。その内容は、相当に対象地域に興味を持って知識の幅を広げておかないと、対処できないような程度のものである。
また、ロシア語学科同様制限時間に対して問題数が多いため、時間配分や問題を解くスピードには、気を付けなければならない。一目見てすぐに分かる設問から埋めていくのが得策であろう。

 

ポルトガル語学科小論文

「ほぼ課題型小論文」である。問われていることは例年「上智大学のポルトガル語学科で学ぶ意義」なのである。が、毎年その「問われかた」が少しずつ異なる。たとえば2013年の問題は『ブラジル 跳躍の軌跡』という文章が載せられ、穴埋め問題と傍線部説明問題のあとに、「本学ポルトガル語学科で学ぶことで貢献できることは何か」という設問が付されている。それに対して2017年の問題は文章がなく「ポルトガル語圏の国々に関する知識を得ることは、グローバル化する社会においてどのような意義を持つでしょうか」という課題のみが示されている。問われ方は異なるが、どちらも前もって「ポルトガル語学科で学ぶ意義」を固めておく必要がある。それを各テストの指示に合わせて変形していく方法で、解答を作成していくのが妥当であろう。

 

ポルトガル語学科合格レベル

自己推薦書とレポート課題、面接とともに判定される。ポルトガル語学科の受験者倍率は2021年が2.3倍となっているが、2016年と2019年が1.0倍、それ以外の年度も平均すると1.5倍弱である。基本的には例年1.0倍強といった受験者倍率なのであろう。そう考えるとポルトガル語を第一に学びたい受験生にとっては、上智大学外国語学部ポルトガル語学科の公募推薦は有利となる。ポルトガル語を大学で学ぶそれなりの理由があり、そのために高校の成績も高レベルを維持していれば、あとは「ポルトガルに関する基礎的知識」を身に付け、小論文に少しだけ慣れておけばよいのである。

 

対策

フランス語学科、ロシア語学科とも共通して言える「対策」は、「志望理由書の原型を作成する」ということである。そしてそれを「小論文の問題」に合わせて変形できるようにしておくこと。それぞれの語学科で学ぶ意味や意義を考える。それぞれの言語と「自己」との関係性などを探る。それらをどのような文脈の中でも語れるように準備することが、上智大学外国語学部の公募推薦「対策」としては欠かせないのだ。
それ以外の小論文対策としては、多少の「国際状況への興味」と多少の「小論文の解法に関する知識」があれば十分であろう。「小論文に知識は要らない」とよく言われるが、そうであっても要約に「自分なりの解釈」を書いてしまったり、グローバル化する社会の現状把握を誤ったまま意見論述を書いていては、高得点は狙えないのだ。そのような「基礎的部分」は確実に押さえておかなければならない。その上で、「小論文」以外で「平均点」を取れる自信がある受験生であれば、小論文は「問題文を客観的に読み、設問の要求に適切に応える」ということだけを意識していればよいであろう。
 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!