総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:上智大学総合人間学部教育学科(カトリック推薦)


カトリック推薦の小論文

設問文が1行程度の簡潔な課題型小論文が出題される。制限時間は60分。指定字数は無制限公募推薦や一般選抜も受ける可能性がある志願者は、それぞれの出題形式と内容を確認しておくことを勧める。それらはまったく異なる形態であるために、上智の教育学科を目指すのであれば、すべて含めた小論文対策を練る必要があるのだ。
直近4年のカトリック推薦の問題は「教育における権利と義務について、自ら問いを立てて、論じなさい」「第4次産業革命が教育に及ぼす影響について論じなさい」「多様な背景をもつ子供たちへの教育機会の保障について、自ら問いを立てて論じなさい」「教育の格差に関連して、自ら問いを立て、論じなさい」といったものである。
傾向としては「教育に直結する内容」「社会の現状を背景に含む時事性」「俯瞰的なテーマ」といったものが考えられ得る。求められているのはおそらく「教育」に関する多面的な視点であろう。教育学科を受験するのであればどの大学でも「教師の視点」を持っていなければならない。上智大学の教育学科ではそれだけでなく「社会的な側面から見た教育」というものについても、事前に考えておかなければならないのである。

 

合格レベル

世間一般の傾向として、「大学名」や大学の「ブランド力」を優先した場合、「教育学部であれば合格可能性が高くなる」と考える受験生も数多く存在している。カトリック系の高等学校に通っていれば上智大学の場合、志願者倍率の低いカトリック推薦があるので、そのように考えるのも不思議ではない。が、やはり「上智大学に入れるのであれば、どの学部でも良い」という気持ちでは、教育学部には受からないのだ。
「大学名」を取るのであればカトリック推薦ではなく、一般選抜試験を勧める。一般選抜では志望の動機が問われることは無いのである。
カトリック推薦は「書類」と「面接」と「小論文」の総合評価によって合否が判定される。上智大学の場合、海外就学経験者入試や公募制入試でも同様に、そこでは「あえて上智大学の教育学科で学ぶ意義」が問われるのだ。そのような上智大学総合人間学科教育学科で学ぶ、確固たる「理由」と「意志」と「経験」があれば、カトリック推薦の教育学部には、容易に合格できるのではなかろうか。

 

カトリック推薦の対策

「教師」や「教育関係者」の視点を持つことは、「前提」となる。どの大学を受けるにしても、教育学部の入試に小論文の試験があるのであれば、「教諭としての倫理観」というものを忘れてはならないだろう。小論文は「思想」や「信条」を測るテストではなく、「思考力」「文章力」を測るテストなのであるが、日本社会の現状を鑑みると、そこでは揺るぎのない「教育者としての倫理観」が求められているのである。
それを「前提」として上智大学の教育学科では「俯瞰的な視野」というものが必要となる。そこで学んでもらいたいのは「日本を超えた国際的な教育」であり、「教育者をも教育する教育」であり「世界の未来を見据えた教育」なのである。それらのことに興味があり、日常的に考えていてくれていれば、「書類」「面接」「小論文」という総合評価のどれをとっても十分に対応できることであろう。

 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!