総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:上智大学総合人間科学部社会学科(公募推薦)


問題文

2015年前後の問題文は、ほぼ「所得格差」がテーマであった。日本社会における貧困の原因を突き詰めていくとそこには「市場経済・競争」がある、という内容であった。が、2017年以降の問題文にはそのような決まったテーマはなく、社会学全般から様々なテーマの問題文が選ばれている。
また2016年頃までは(文章を読んでそれを問1で要約し、問2で自己の意見を述べるという)典型的な文章読解型の小論文が出題されていた。それまでは時間内に読解と回答が出来る「適量」と「適切な設問形式」で固定されていたのである。が、それ以降の問題は、極端に文章量が多くなったり、設問が穴埋め形式になったり、下線部の要約説明や推論が求められたりと、「典型的な小論文」の形式からはややズレるものが多くなっている。そのような変化は、もしかしたら上智大学の教育方針に変化があり、その重点が「不平等・不公平の解明」から「多様な価値観と社会制度の追求」へと移ってきたからであるのかもしれない。

 

設問

かつての上智大学社会学科の基本的な設問形式は、問1が要約で問2が意見論述というものであった。要約は200字前後で、意見論述は400~800字という一般的なものであった。が、2020年前後の上智大学社会学科の小論文ではそのような「基本的な小論文の設問形式」は出されなくなる傾向にある。「問題文」が多様化してきたのと同時に、「設問」も多様化してきたのである。
その中でも典型的な「特異さ」をもつ問題は「2020年カトリック推薦」の設問であろう。「公募推薦」ではないが、作成者は同じである。そこでは「クロス集計表」という図表を作成するための説明文が出され、計算した数値の穴埋めや、推察できる文章や単語の補充問題が出されているのだ。設問はそのようなものが5問あるだけで、数百字の論述・記述といったものは一切求められてはいないのである。
今後の傾向としては、「2020年カトリック推薦」のような設問と、従来の「要約+数百字の論述」という設問の両方が考えられ得る。そのような場合には、どちらにも対応できる「柔軟性」が必要となってくるのであろう。

 

合格レベル

自己推薦書とレポート課題、面接とともに判定される。社会学科は志望者の倍率が変動しやすく、合格レベルもそれに応じて変動してくる。2015年は1.6倍、2018年は5.9倍、2020年は7.5倍であるが、2021年は2.5倍となっているのだ。小論文としては、まずは「大きなミスをしないこと」を心がけ、そこから「出来る限り高得点を狙う」しかないであろう。社会学科に限っては、「合格レベル」はその年の出願状況が分かるころに予測できるのである。

 

対策

「貧困と市場経済」については過去問を解き、意見や論の方向性、解決策をいくつか考え、まとめておけばよいであろう。そればかりを解いていると「新たな問題」への対応力が弱まってくることもあるのだ。
それよりも、「今後の対策」ということを考えるならば、様々な「社会学」系の問題を解いた方がよい。公募推薦だけでなく、カトリック推薦や海外修学経験者入試、(駒澤大学や明治学院大学など)他大学の社会学部の入試小論文を解いてみるのも、「初見の問題」に慣れるためには有効であろう。それらを通して、小論文の基礎的な「書き方」や「解き方」「考え方」を身につけ、自分なりの回答方法を確立していくのが、もっとも効率的である。
 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!