総合型選抜(AO入試・推薦入試)・小論文の個別指導塾 洋々

総合型選抜のメディア 洋々LABO

小論文解説:上智大学文学部新聞学科(公募推薦)


問題

上智大学の新聞学科では例年、「1000字の自由作文」「60字の用語解説×4」「漢字の読み×10問」「漢字の書き×10問」という問題が出題される。
「1000字作文」は、典型的な課題型小論文と言える。「自粛」や「ユーチューバー」といった一つの短いテーマが与えられ、それについて自由に論じることが求められる。注意すべきなのは、これが「作文」である点。新聞学科に関しては「マス・メディアについて書くべき」とか「批判的に論じるべき」や「時事問題を入れねばならない」などといったウワサが出回っているが、最終的には「文章力」「論述力」が問われているだけなのである。
「用語解説」問題は、選択肢が7~8ほどあり、その中から4つを選んで「短い字数で説明する」という内容である。ここでは「知識」が要求される。これについても様々な(たとえば時事問題系の市販の某用語集を暗記するとか)ウワサが流されている。が、少しでも過去問や上智の新聞学科についての分析をしていれば、そのようなことがムダであるのは、すぐに分かるのである。市販の用語集を暗記するよりも、「短い字数でどれだけ丁寧な説明ができるのか」といった「文章練習」に時間を費やした方が有効であろう。

 

時間

上智の新聞学科でもっとも難しいのは「時間配分」である。おそらく一般的な受験生であれば、「1000字作文」すらも60分では終わらせられないことと思われるのだ。それにプラスして時事用語の解説と漢字の読み書きが課せられている。そのような試験を60分という時間内に、高いレベルを維持しつつ、終わらせるのには相当の練習が必要であろう。
これらの設問に付された各「条件」から見えてくるのは「速く書くこと」「丁寧に書くこと」「簡潔に書くこと」という3つのことである。多角的に「文章を操る力」というものが、新聞学科の入試問題では試されているのである

 

合格レベル

自己推薦書とレポート課題、面接とともに判定される。新聞学科の志願者倍率は2017年が1.4倍、2018年2.0倍、2019年1.3倍、2020年1.6倍、2021年2.7倍となっている。2021年のみ2.7倍となっているが、「倍率」としては他学科と比べてそれほど高くはないのである。が、受験生のレベルは、低くない。上智の場合は他大学にない学科であるほど「第一志望」が多くなり、それに比例して「対策」を周到に練る受験者数も多くなってくるのである。

 

対策

すべての設問において「(小論文の)基礎的な解法」を心得たうえで、「自分なりの解法」を確立しておく必要がある。小論文の場合「基礎」を身に付けておかないと、なかなか「設問に対する正確な応答」が出来ないのである。そのような「基礎的解法」を土台に、新聞学科に適した「自分なりの解法」を組み立てていけば、「時間内」に「正確な解答」を作成することが出来るようになるのである。
その対策としては類似問題をつくるのが最良であろう。それを、60分という時間内で、出来る限り多く解く。フィードバックをすることにより、「時間配分」と「回答」の精度を徐々に上げていく。類似問題・予想問題は過去問分析を詳しくすればすぐに作ることが出来るし、「1000字作文」にしても「時事用語解説」にしても、入試本番でそれが的中することは高確率で起こり得ることであるのだ。
 

AO入試とは? / 推薦入試とは? / 総合型選抜とは? / 志望理由書の書き方 / 自己推薦書の書き方 / 小論文の書き方 / 大学受験の面接

洋々オンラインでAO入試対策
まずは無料個別相談へ
AO推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!