(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 小論文 個別指導 直前パック(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 面接 個別指導パック 法政大学人間環境学部の自己推薦特別入試は、20名の募集があります。同学部の一般入試(センター利用含む)での募集は200名程度で、自己推薦特別入試はその1割程度となります。ただし、募集人員に達するまで合格者を出さないことがあり、倍率は3倍から年によっては6倍以上と大きく変わっています。ちなみに同学部の社会人入試においては、10名の募集をしています。 自己推薦特別入試にお [→続きを読む]

(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 面接 個別指導パック 法政大学国際文化学部の自己推薦特別入試は、SA自己推薦および分野優秀者の2種類があります。それぞれ20名、10名の募集があります。同学部の一般入試(センター利用含む)での募集は150名なので、自己推薦特別入試の割合は比較的大きいです。倍率は両方式とも2.5倍から4倍程度となっています。 国際文化学部では2年生後期での海外留学が必須です。特に、SA自己推薦においては、ドイツ・フランス・スペイン・ロシア・中国・韓国のうち、いずれかの文化に [→続きを読む]

慶應義塾大学文学部推薦入試(自主応募)では120名の募集があります。文学部は一般入試で580名募集していますが、自主応募制の割合は決して低くありません。最終合格者数に対する志願者数の倍率は、ここ4年程度、2倍台とそれほど高くありません。筆記試験の内容はそれほど特殊ではないので、慶應文学部志望で、資格要件を満たしている受験生は、自主応募制を受けない手はないと思います。 出願のためには原則として現役の高校生であることが必要で、評定平均4.3以上という条件もあります。 選抜は2段階選抜ではなく、書類、 [→続きを読む]

(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 面接 個別指導パック 法政大学文学部地理学科の自己推薦特別入試は、10名の募集があります。同学科の一般入試(センター利用含む)での募集は70名なので、自己推薦特別入試の割合は比較的大きい方だと言えると思います。倍率はここ数年2.5倍から4倍程度とそれほど高くありません。 原則として現役の高校生であることが必要で、評定平均3.8以上という条件があります。さらに、「地理A」「地理B」「地学I」「地学II」のいずれかの評定平均値が5.0であることが必要です。 第 [→続きを読む]

(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 面接 個別指導パック 法政大学文学部日本文学科の自己推薦特別入試は、15名の募集があります。倍率は4倍から6倍程度のことが多いようです。ちなみに同学科の一般入試(センター利用含む)の募集は120名程度となっています。別途、社会人入試5名の枠もあります。 原則として現役の高校生であることが必要で、さらに評定平均3.8以上という条件があります。既卒の方は入学時20歳以上であれば、社会人入学試験制度で受験が可能です。 第一次選考は書類審査(調査書、志望理由書)、 [→続きを読む]

(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 小論文 個別指導 直前パック(参考)洋々の法政大学自己推薦特別入試 面接 個別指導パック 法政大学法学部の自己推薦特別入試は、総合学科・専門学科枠、一般枠、社会人枠の3種類の枠があり、募集人員は総合学科・専門学科枠、一般枠が若干名、社会人枠が10名となっています。法律学科、政治学科、国際政治学科の3学科で募集をしています。出願期間は11月初めと法政の他の多くの学部の自己推薦特別入試と比較して1ヶ月程度遅くなっています。一般枠では10名以上合格者が出る年もあ [→続きを読む]

(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 小論文・英語 個別指導 直前パック(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 面接 個別指導パック 立教大学の現代心理学部は、心理学科、映像身体学科の2学科あり、自由選抜入試での募集人員はそれぞれ10名程度、20名程度となっています。一般入試(センター利用含む)の186名の募集に対し、自由選抜入試での募集の割合は小さくありません。現代心理学部の自由選抜入試の倍率は3倍から4倍程度と立教の自由選抜入試の中では比較的低いほうです。 現代心理学部の自由選抜入試を受験するため [→続きを読む]

(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 小論文・英語 個別指導 直前パック(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 面接 個別指導パック 立教大学のコミュニティ福祉学部は、福祉学科、コミュニティ政策学科、スポーツウエルネス学科の3学科あり、自由選抜入試での募集は各学科15名程度で合わせて45名程度となっています。一般入試(センター利用含む)の265名の募集に対する割合は立教の自由選抜入試の中では大きい方です。倍率は4倍から6倍程度に落ち着いているようです。 コミュニティ福祉学部の自由選抜入試を受験するため [→続きを読む]

(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 小論文・英語 個別指導 直前パック(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 面接 個別指導パック 立教大学の社会学部は、社会学科、現代文化学科、メディア社会学科の3学科あり、自由選抜入試での募集は合わせて15名程度となっています。一般入試(センター利用含む)では、345名募集しており、自由選抜入試での募集は決して多くありません。自由選抜入試の倍率は4倍から6倍程度となっています。 社会学部の自由選抜入試を受験するためには現役の高校生であることが必要で、さらに評定平3 [→続きを読む]

(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 小論文・英語 個別指導 直前パック(参考)洋々の立教大学自由選抜入試 面接 個別指導パック 立教大学の理学部は、数学科、物理学科、化学科、生命理学科の4学科でそれぞれ4名、5名、5名、3名程度、自由選抜入試で募集しています。一般入試(センター利用含む)では、200名強の募集なので、自由選抜入試の割合は一般入試の1割弱になります。理学部の自由選抜入試の倍率は2倍程度か高い年でも5倍弱と志願者はそれほど多くありません。 現役の高校生であることが必要で、さらに評定平 [→続きを読む]

23 / 25« 先頭...10...2122232425