AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

新型コロナウイルスの感染拡大に対する対応について


2020/2/28,2020/3/12,2020/3/28,2020/4/7,2020/5/2,2020/5/25更新
洋々では新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、2月末から原則Skype中心のサポート(個別指導)に変更してきました。この方針を6/13(土)までは継続することにしました。

原則遠隔指導の方針対象期間:
-6/13(土)

上記期間中も通常通りの時間(平日:14時から21時、土:10時から20時)で業務を行っています。ご連絡いただく場合、電話、FAX、メール、いずれも引き続きご利用いただけます。ただし、無料個別相談は原則としてSkype、Zoom、または電話を使い遠隔で行わせていただきます。

コロナ禍のもと、受験を迎える方へ

前代未聞のコロナ禍の中、この先どうなるのか、今何をすればいいのかといったご相談が増えています。

この先どうなるのかは分かりません。世界中を探しても、確かな答えを持つ人は見つからないでしょう。

一方で、今何をすればいいのか、特に受験生が今何をすべきなのかは簡単です。自分のコントロールの及ばない領域について思い悩むのは建設的ではありません。むしろ、コロナ禍でままならない現実を受け止めたうえで、志望校に合格するために何が必要か、それを満たすために残された時間をどう使うべきか、そのために具体的には何をどう進めるのが効果的かといったことごとを考え、着実に実行していくことが重要です。そして、それができる人こそが(おそらくは受験に限らず人生のあらゆる局面で)勝者になります。

新学期が遠のき、受験学年の出端を挫かれた人/大会の中止が決まり、予期せぬ形での引退を余儀なくされた人/予備校が休止し、リベンジの思いを持て余している人/資格試験が延期となり、出願資格を満たせるかが不安な人……。

私たちにはその痛みや苦しみ、悔しさやもどかしさを完全に理解することはできませんが、大学合格という目標に向けて歩き出すためのお手伝いをすること、たとえば、その人の背景であればどういった大学・学部にどういった方式で挑戦するのが合理的なのか、いつまでに何をすればその大学・学部の合格可能性を高められるのか、といったことごとを一緒に考え、必要十分なサポートを提供することはできます。

緊急事態宣言を受けて、現在洋々の渋谷本校は閉鎖していますが、事務局も講師陣もオンラインに移行する形で100%機能しています。事務局は水曜日と日祝日を除く営業日は14:00-21:00で稼働していますし、講師陣はSkype/Zoomで昼夜、マンツーマンの個別指導を行っています。サポートの振り返りや講師陣とのメールのやり取りをするためのWebシステムも健在です。

緊急事態宣言の解除を待って、渋谷本校での個別相談やサポートの受講を希望されるケースが多いのですが、残念ながら状況は楽観的ではありません。首尾よく状況が落ち着いたとしても、当面はこれまでのスケジュールの遅れを取り戻すべく高校や予備校に掛かりきりになる可能性が高いでしょう。それでも、受験生には書類の出願、入試の本番といった絶対の〆切が存在していて、刻一刻と残された時間は減り、日々選択肢は削られていきます。

そもそもAO・推薦入試を受験すべきか? 一般入試とAO・推薦入試の配分はどうするか? 志望校や併願校をどうするか? どの予備校で対策するのか? いつからどの科目の対策を始めるべきか?  AO・推薦入試を志す人の論点はある程度集約されますが、持っている背景、蓄積してきた経験は個々に異なるため、合格するための戦略は多様に分岐します。そして私たち洋々には、その人に最も適した戦略を立案するための知見と、それを実現するための強力な講師陣が揃っています。

個別相談を希望される方は、03-6433-5130(代表)まで、お気軽にご連絡ください。

コロナウィルスは人類の脅威です。一人一人が最大限の注意を払い、行動を制御し、自分と周囲の人々の安全を確保すべきです。しかしだからといって、あなたの人生の主導権まで明け渡す必要はありません。

今できることを、今しましょう。

洋々一同