人数が多い練習会、当然基立ち形式の乱取りだ。5分×5本の4セット。それぞれの所属に基を出す人数分の赤帯が配られ、各所属で指名された者が前に並び、それ以外の者がお願いしに行くのだ。最初は、もし帯が余っていたら1セットくらい基をやらせてもらおうと考えていた。甘かった。 2、3本連続で、強い方々と練習すると、すぐに身体が悲鳴を上げた。まず指が痛い。日々パソコンを叩くだけの指にとって、道着って、その肌触りだけで不吉な感じがする。その道着にぶつけたり、擦ったり、引きちぎったり、あっという間に指が真っ赤にな [→続きを読む]

今日、久しぶりに柔道をした。ゴールデンウィーク中、どこかのタイミングで一度くらいは練習したいなぁと思っていたのが、今日になったのだ。GW恒例の、警視庁での、大学・実業団・警察・全日本強化合宿組などなど、たくさんの団体が集まって行う合同練習会にパーク24柔道部も参加していて、それに便乗させてもらったのだ。ちなみに、慶應大学も参加していて、ちょうどよくみんなに一気に会えた感じだった。 今回は、先月31日にパーク24で最後の練習をして以来の柔道だから、ちょうど一か月ぶりということだ。一か月間一度も柔道 [→続きを読む]

午前出社だった頃は、9時~12時までの仕事も何となく長く感じるところがあったけれど、フルタイムで働き出してからは午前中が一瞬で過ぎていく。昼ご飯はだいたいオフィス周辺のお店に部署も先輩方と一緒に食べに行く。たまに、僕と同じように元柔道部のやつらと食べに行くこともある。ここでは周りに合わせて、一人前の定食を普通の人のスピードでゆ~っくり食べる。 昼ご飯を食べた後の仕事は、ちょっと眠くなる。現役の頃はよく昼寝していた時間だ。そこをなんとか乗り越えて、3時・4時くらいになるとまた脳が動き出す。だいたい [→続きを読む]

400回って、まるで運命のようにキリが良いし、なにか引退特集みたいな文章でも考えようか思っていたのだけれど、気が付けば例によって月末で、落ち着いて考える時間がなかったから、それはまたいつかに取っておくとしよう。だから今回は、引退後の僕の生活について簡単に紹介させて頂く。   現役選手を終えて、4月からフルタイムで働いている。朝9時から夕方5時だ。残業はそんなに多くない。どうやらここは超絶ホワイト企業のようだ、と最近気が付き始めている。まぁ僕なんて今の会社でしか働いたことがないから、あま [→続きを読む]

今月最後の日曜3月25日、広島で開催された平和カップに出場した。この大会は、大学・実業団・警察などが点取り5人制団体で競う試合である。今年で50回目の開催と歴史があり、非公式戦ながらなかなかレベルが高い。そして決して“平和”とは言えない大会である。  そして僕にとってこの大会は現役最後の試合だ。もちろんこの後も、実業団団体戦や個人戦に出ることはあるが、しっかりと稽古を積んで、柔道家として出場するのはこれが最後だ。 結果は、準決勝で旭化成に1-1の内容負けで3位。個人的には珍しく4戦全勝。勝ちの内 [→続きを読む]

今回の合宿中、僕らはいつもの道場に近い宿が取れず(これも多分、人数の多い合同合宿のせいだ)、少し離れたビジネスホテルに泊まった。そのため、合宿中の移動は全て(ホテルの周りにはほぼ何もないため、練習の時だけではなく洗濯や食事の時も車での移動が必要となる)新大阪駅のタイムズで借りたレンタカーを使った。車種は10人乗りのハイエース。普段から車を運転しているのと、練習試合に出ないということで、僕は運転手に任命された。運転には確かに慣れているものの、ハイエースはなかなかの強者だった。今まで運転した最も大き [→続きを読む]

東京選手権が終わった次の日の月曜3月12日から金曜16日まで、天理大学での合同合宿にチームで参加した。 前回の記事で、東京選手権をもって、公式戦の現役引退を表明したにも関わらず、何でまた合宿行ってんの?と思われるだろう。何を隠そう、僕自身少し思った。けど、まだ平和カップが残っているし、練習する気力もあると言うことで、会社にわがままを言って連れて行ってもらったのだ。 今回の合宿は、天理大学が主催する関西合同合宿というもので、関西中心の大学・警察などがたくさん集まって一緒に練習をする。基本的に午前中 [→続きを読む]

3月11日、日曜日、綾瀬の東京武道館で開催された東京選手権に出場した。この大会は、4月末の全日本選手権の予選でもある。 ちなみに全日本選手権といえば、毎年日本武道館で盛大に開催されるものだが、今年は、その日本武道館が改修工事中のため、千葉のポートアリーナ開催らしい。11月の講道館杯と同じ会場である。ポートアリーナは広いし、綺麗だし、大きいモニター付きでリプレイがすぐ見られて良いと思うけど、アクセスがよくない。日本武道館より収容人数は多そうだし、ちゃんとお客さんが埋まるのか少し心配である。 さて、 [→続きを読む]

腹を満たした後、部屋に戻りチェックアウトの10時頃までダラダラしてから、また中心街の方まで散歩した。この日はよく晴れていて、昨晩数センチ積もった雪も、陽の当たっている所から溶け始めていた。湯畑の周りは、前の日の夜と同じくらいの人口密度で、程よい活気が快適だった。前日、湯気でよく見えなかった湯畑の全体が良く見えた。お湯を冷ますための湯畑、よく考えたものだ。面白い。お湯の底には長年、酸に充てられて白くくたびれた石の残骸が転がっている。何だか地獄の窯を覗いているようだ。そんな石たちや、相方の顔の瘡蓋を [→続きを読む]

宿に戻ってすぐに貸し切りの露天風呂に入った。買ってきたお酒を積もった雪に突っ込んで冷やしながら呑んだ。なかなか良い感じだ。僕らの後に、他の客の予約は入っていなかったから、贅沢に2コマ分(45分×2)使ってのんびりさせてもらった。 そんな長風呂したせいか、相方がやたらと顔の肌が痛いと言う。確かに顔を良く見ると、鼻の下や口の周りに微かな擦り傷のようなものが出来ている。無意識のうちに自分で引っ掻いたんじゃないの、と言いつつも、沖縄のクラゲの件もあるし「大丈夫?絆創膏もらう?」と聞いておいた。そんな僕の [→続きを読む]

123...1020...»