最近、ギターを始めた。柔道を辞めてからの「新しい趣味を探そう」プロジェ クトの一環だ。動機は至極単純。Mr.Childrenの弾き語りが出来るようになりた いからだ。 実家の近くのAEONモールの島村楽器で一番安いアコースティックギターと、い くつかの基本コードだけで弾ける曲集的な本を買った。それから、日頃の空いて いる時間、主に夜テレビを眺めている時に、半分だけ集中しながら指使いの練習 をしている。 始めてから数週間、まだ素人状態から抜け出せていない。上手く弦を抑えられ ず、それ故キレイに音が [→続きを読む]

11月17日土曜日、講道館に柔道の早慶戦を見に行った。チラホラと聞こえてく る評判によるとほぼ互角とされていた今年の戦いは結局、二人残しで早稲田の勝 利で幕を閉じた。20人対20人の勝ち抜き戦で二人残しだから、僅差と言えなくも ない。でも負けは負け。反省して少しでも多くのものを次に活かしていかなきゃ いけない。 試合を見ていて、なんだか世代が変わっちゃったなぁと思った。大学時代に一 緒に練習していた連中が全員卒業しているのは当然だし、実業団現役中に練習し たことがある後輩もかなり少なくなってきた [→続きを読む]

11月最初の週末、千葉県ポートアリーナで講道館杯が開催された。日曜日は私 用があったため、僕は土曜日だけ応援&サポートで行ってきた。このブログを始 めて、幸いにも初めての「行ってきた」だ。大学一年の時からなんだかんだ8年 連続で出場したこの大会。思い返すと、毎年毎年、本当にギリギリのところで出 場権を得て、しぶとく出続けてきた。大学生になる前にこの大会を観に来たこと はないから、観客席からただ応援するだけ、というのは今回が初めての経験だっ た。 ちなみに、8回も出場させてもらって、最高成績は5位 [→続きを読む]

10月最後の週末は大学時代の柔道部の同期の結婚式で福岡に行った。11月最初 の日曜日は、同じく大学柔道部の一つ下の後輩の結婚式に行った(講道館杯2日 目に行かなかった私用だ)。2週連続の結婚式というのも珍しい。気持ち的には めでたく楽しく、身体的にはなかなかきつい。 特に同期の方、地方での結婚式は、まるで2泊3日で呑み会の合宿に行ったかよ うなハードさ。金曜日の会社終わりに、羽田空港で友達と待ち合わせてから、東 京に戻ってくる日の明け方まで、肝臓が休まる時がない。この前後輩の結婚式で 北海道に行 [→続きを読む]

翌日、佐渡滞在最終日。前日よりも更に酒が残っていたけれど、例によってしっかりと朝食を頂いた。この、貧乏性というのか、もったいない性というのか、とにかくダイエットの大敵である。朝食会場には、いよいよ明日に迫ったトライアスロン大会のために泊まっている選手の方たちもたくさんいて、本当に合宿に来ているような気分になった。ただ、トライアスロン系の選手の体つきは、僕のそれとは明らかに違う。簡単に言えば細マッチョかゴリマッチョか、という話だ。向こうは僕のことを見て「アスリートだろうけど、トライアスロンか・・・ [→続きを読む]

ドライブは快適だった。他に車もほとんどない山道をビュンビュン進むだけ。ドライブ中にMr.Childrenを聞くのには流石に飽きてきて、道中は適当なTVのワイドショーの音声だけ聞いて過ごした(僕の車は、停車中しか映像は見られない)。番組は、新体操界での暴力・パワハラ問題でもちきりだった。どうやら塚原夫妻が宮原選手と全面的に戦う宣言をしたということらしい。それに対して、スタジオに出演している評論家やタレントが、誰でも言えるような一般論と正論をいつまでも並べたてていた。20年ほどどっぷりと体育会系の世 [→続きを読む]

この日のランニングコースは単調だった。防波堤と草むらに挟まれた道がひたすら続く。ところどころ坂があって、登り切ったところは海に向かって崖になっていて見晴らしだけが良かった。きっと晴れた日には中国らや韓国やらが見えたりするのだろう、と想像した。たまに、海に面したホテルや民宿があったけど、半分近くはもう営業していないように見えた。何の目的も持たずにフラリと訪れた若者に、喜んでくれる島の人たちの気持ちが少しだけ分かった気がした。 単調な道を5㎞ほど行ったところにグーグルマップ通り夫婦岩なるものがあった [→続きを読む]

次の日7時にアラームで起きた。朝食を取ってあるからだ。前夜遅くまで酒を飲んでいたせいでさほど腹も減っていなかったけれど、頂けるものは頂くのが僕のモットーだ。ブュッフェ形式で、地のものがたくさんある。ありとあらゆるおかずにコメを三杯も食べてしまった。さすが新潟、コメが美味いのだ。何よりもコメが好きな僕にはたまらない。痩せようとしている人間には地獄だ。 腹を満たした後は、自室に戻ってもう一度寝た。二日連続の寝不足で、ご存知の通り寝力の弱い僕でもかなり深く眠ることが出来た。入口のドアに「起こさないで下 [→続きを読む]

向うは、兎にも角にも、一人で佐渡に来た理由に興味を持っていた。何で?何しに佐渡に来たの?先述の通り、特に目的も理由もなく佐渡に来た僕はもちろん上手く答えられない。それでも、一人佐渡に来てくれたと喜んでくれた。 店を経営している夫婦は、どうやら奥さんの方が佐渡出身で、旦那さんが結婚を機にこちらに移り住んだらしい。店員の女の子は、派遣で各地をウロウロしている中で佐渡に来て、気に入って住みついたらしい。なかなか愉快ないい人たちである。「今日は何したの?」と聞かれたから「ここら辺を走って、回転寿司食べま [→続きを読む]

ホテルに戻って、汗と雨でグチャグチャになったものをコインランドリーにぶち込んで、大浴場に行った。大浴場には大きな風呂と小さなサウナと露天風呂があった。露天風呂は海に面していて、黒い空と少し激しくなってきた雨と灰色の海を眺めることができた。洗濯が終わる時間に合わせて風呂から出て、だだっ広い部屋にトレーニング着を干してから車で佐和田の方に行った。佐渡に渡ってからそれまでにやったことは、合宿と大して変わらない。 この日の晩ご飯は地元の回転寿司に行った。思えば一人で回転寿司に行くのも初めてだ。初めて行っ [→続きを読む]

«...234...1020...»