今週の初め、よく分からない怪我をした。突然、軸足である右足首が猛烈に痛くなって、パンパンに腫れて、動かすことが出来なくなる怪我。4-5日経った今でこそ、痛みも腫れもほとんどひいて、ジョギングくらいはできるようになったけれど、再発にビクビクしている。一連の経過としては以下の通りだ。   問題の朝、起きた頃はまだ若干の違和感程度だったものが、会社に行って、昼ご飯を食べている頃から急激に痛くなってきて、ご飯屋から会社に戻る時には片足を引きづって歩くような状態になってしまった。その間、物理的衝 [→続きを読む]

僕が今住んでいる武蔵小山が進化している。いわゆる都市開発ってやつで、駅前の大きな高層マンションを旗印に商店街の駅に近い方一帯が新しくなってきている。商店街にはまだ空き店舗スペースも目立つけれど、徐々に新しいお店たちが姿を現しつつある。これからもこの開発は続いていくようで、将来的には駅を中心にした広い範囲がキレイで新しい街に生まれ変わるそうな。 数年前、僕がパーク24の柔道部員として武蔵小山に住み始めた頃、まずは古い店や住宅の立ち退きが始まった頃、都市開発と聞いて、僕は映画館・スーパー銭湯・ボーリ [→続きを読む]

年末年始の帰省の際、青梅マラソンコースの3分の2程度20kmくらいを走ってみた。スタート地点より5kmほど奥多摩寄り、多摩川の南岸にある家から和田橋で多摩川を渡って青梅街道に出る。それが電車の駅で言うと奥多摩線の宮ノ平駅と日向和田駅の中間くらいで、そこから川井駅の少し先の本番折り返し地点までの10kmくらいを往復。本番に近いモチベーションで、今の自分で出来るところまでいこうと全力のペース走り。結果5:17/km。 正直な感想、思っていたよりも断然キツかった。何がキツいかというと、もちろん初めて走 [→続きを読む]

正月、久しぶりに青梅の実家に帰省した。そして去年11月に産まれた姪っ子と初めてご対面、ご挨拶と相成った。順調に育っていて今だいたい5.5kgくらいの姪っ子。まだ歯がなくて髪もまばら、聞くところによると目もあまり見えてなく自分の手足も自分のものと認識していないという不思議な生き物だった。僕らには分からない言葉を話し、ジタバタしながら腹が減ったとかオムツが気持ち悪いとか主張しつつ一生懸命生きているようだった。 実を言えば僕は赤ん坊に触れるのが苦手だ。無骨なこの手で触れると壊れてしまいそうで怖いのだ。 [→続きを読む]

さてさて、いよいよ今年最後の投稿です。今年も一年間、駄文にお付き合いいただきありがとうございました。柔道を引退して、仕事が中心の生活になって早1.5年。大してネタもなく面白くも無くなってきたと自覚はしているものの、依頼主である洋々様にまだ書いていていいよ、と言っていただけるうちは細々と続けていく所存です。来年も何卒よろしくお願いいたします。   抱負なんて大したものではないけれど、来年はどんなことを乗り越えて、どんな風に成長していこうか、と考えてみた。 まずは1月の株主総会。大過なく乗 [→続きを読む]

今年、車を手放してから“移動手段”について考える機会が増えた。以前なら結構距離があるところでも、超都心の細々したところでも、どんなところでもまずは車で、と考えていたのだから無理もない。それで、この前書いたように弊社のタイムズカーシェアユーザーになったのはもちろんのこと、最近シェアサイクルも使い始めた。   ある夜、用事がかなり長引いて、あと1-2時間で始発電車が動き出すという時間に中野あたりで取り残された。始発までもう少しだからタクシーで帰るのももったいない気がして、どこか明るいところ [→続きを読む]

月末になって今月何をしたか考えていたら思い出した。今月の始め、慶應に柔道をしに行った。その数週間前に早慶戦を観て、今の学生たちがどんな練習をしてどんな柔道をしているのか体感したくなったのだと思う。多分。 結論、甚だ生意気で偉そうに聞こえることを承知で言うが、俺、たぶんまだ団体戦でレギュラーになれるんじゃないかな。引退してからはほんとにスタミナがないし、皮膚が弱っているから10本終わった頃には(それでも10本しっかり乗り越えたのはちょっと偉い)何か所かズル向けて血だらけになっていたりはするけれど、 [→続きを読む]

一か月前に、「去年に比べてだいぶ余裕が出来た」とかなんとか言ったが、やっぱり12月は忙しかったし、しんどかった。最後の方に連休があるから大丈夫だと余裕で構えていたこのブログも、やはり最終日の更新になってしまった。忙しすぎてここに書けるようなネタがさほどないから、一個目はこの連休中なにをしていたのか、言い訳をしておく。   僕はある程度の期間ミッチリ集中して緊張して過ごすと、解放された時によく体調を崩す。今年の最終出社日、17時過ぎには仕事を片付けて、と言うより切り上げて、出社していた柔 [→続きを読む]

東京オリンピックの代表争いが面白い。もちろん柔道の話。今年8月の世界選手権やこの前の大阪グランドスラムなんかの勝った負けたで内定した階級、少しずつはっきりしてきた階級、混戦になってきた階級、色々あるけれど、凄く面白い。男子の66kgの代表争いなんて毎試合鳥肌もん。タメ息がでるほど格好いい。最早オリンピック本番よりも、この代表争いの戦いの方が面白いんじゃないかと思うほどだ。諦めて引退した自分の情けなさや嫉妬は棚に上げて、純粋に楽しんでいる。あまり僕らしくないけれど、柔道に関係のない一般の人にも、柔 [→続きを読む]

昔からよく言われてきたし、多少は自覚もしてきたけれど、僕はどちらかと言うと0から1を生む人間ではなくて、1を5や10に増やす人間だ。つまり、何か新しいものを作りだしたり発見するタイプではなく、既に作り方の分かっているものをより効率よく作ったり、より良いものに改良したりするタイプ。要は要領だけは良いヤツだ。 もう一度言うが「どちらかと言えば」の話で、ほんとうはクリエイティブな人間を目指しているし、1を5や10に増やせず0に戻してしまうことだってある。あくまで大まかなタイプ分けの話だ。   前置きが [→続きを読む]

«...234...1020...»