みんな同じだと思うけど、こんな状況なもんだから髪を切りに行けなくて困っている。今カレンダーを見直してみると、前回僕が髪を切ったのは3月22日らしい。もう2ヶ月以上も伸ばしっぱなしというわけだ。 ご存知の方もいるかもしれないが、僕の髪の毛って、硬くて太くて多い。少しでも放置して置こうものなら、空き家の庭を身の丈ほどの雑草が埋め尽くすかのごとく、育ちすぎたマリモのごとく、モッサリと生い茂ってしまう。おまけに、性格が髪の毛にまで及んだのか、だいたい45度、僕から見て右斜め上に生えるものだから、台風が過 [→続きを読む]

IRってご存知の通りInvestor Relationsの略で、つまり投資家関係だ。要するに会社の事業やサービス、業績云々を投資家さん達に説明するお仕事なわけで、決算数値の出し方≒財務諸表の作り方云々やファイナンスの知識は必要最低限身につけておかなきゃいけないもの。1.5年前にいきなりIR担当にしてもらった僕は、とりあえず財務諸表がどうやって作られているかを理解すべく、簿記の勉強を始めた。 仕事とトレーニングと飲み会の間を縫っての勉強ではあったけれど、この勉強はなかなか面白くて好きだ。それまでボ [→続きを読む]

マスクをしないで外を走ることもままならない世の中になった。例によって、ほんの少しでもリスクのあることを見つけては、それを批判することが偉いと言わんばかりに自粛を要請する方々が「ノーガードで外を走るのってどうなの?」と声を上げ始めた頃から徐々に、けど確かに、僕らランナーに対する道ゆく人たちの態度は変わっていった。あからさまに距離を取る人、口元を抑える人、引き返す人、などなど。つくづく窮屈で生きづらい世の中になったものだ。 当初はまだ市場にマスクが出回っていなかったから、走る時間やコースを調整したり [→続きを読む]

この外出自粛の時間を使ってやたらとドラマや映画を見ている。今まで録画していたテレビドラマを見終わると、huluにあるもの、たまにTSUTAYAなんかにお世話になって、最近そこそこ話題になったものは手当たり次第に見漁っている。 そんな感じでこの前、映画”ジョン・ウィック”シリーズ、今のとこ3作品を一気に観た。ご存知かもしれないが、キアヌ・リーブス演じる元敏腕殺し屋の主人公が、悪い組織にちょっかいを出されたことにブチ切れて、復讐に走り回る映画だ。複雑な要素はほとんどない。ただただたくさんの銃弾が発せ [→続きを読む]

こんな状況を受けてMr.Childrenは、2017年のDOMEツアー「Thanksgiving 25」のライブ映像をYouTubeで無料公開している。ツアータイトルから想像できるかもしれないけれど、これはMr.Childrenのデビュー25周年を記念したライブで、僕が珍しく観に行くことができたライブだ。 自分が観に行けたライブだからこのブログに例によって長々と感想を書いているから詳しくはそちらで、なんだけど(第368-369回)、さすが周年記念というだけあって非常に豪華な曲目で、どれもこれも何 [→続きを読む]

この前、「海辺のカフカ」を読み直してみた。何を隠そう、海辺のカフカは僕が初めて読んだ村上春樹の小説で、ご存知の通りズブズブのファンになるキッカケとなった一冊だ。 どんな小説かと聞かれると、すごく難しい。15歳の少年が家出をして、東京からアテもなく四国まで行って不思議な図書館に辿り着いて、不思議な人と会って不思議な体験をしながら少しだけ大人になる話と、幼い頃に不思議な体験をして少し壊れてしまった老人がトラックの運ちゃんと一緒に途方もない旅をする話で、その二つの話が所々で不思議なシンクロをしたりする [→続きを読む]

家にいる時間が長くなるに伴って、テレビのワイドショーやスマホのニュースアプリなんかをよく見るようになった。それを観ていて思うのは、特に最近になってかもしれないけれど、「○○さんの〇〇行動に非難殺到」といった記事や話題が実に多いこと。説明するまでもないと思うけれど、有名人や政治家がこんな発言をした、とかこんな施策を打ち出した、とかそういうやつだ。 僕だって、どちらかと言えば斜に構えた見方をする人間だし、誰かを非難したくなったり、そもそも嫌いな人だったらその一挙手一投足にケチをつけたくなる気持ちは分 [→続きを読む]

非常事態宣言が出たのは4月に入ってからだけど、おそらく都民がコロナの強烈な影響を受け始めたポイントは、前回の記事にも書いた通り3月25日の小池都知事の会見だ。つまりかれこれ3週間以上経った。しかし残念ながら依然として新規感染者数の増加は止まらない。 僕の生活もやはり多大なる影響を受けていて、会社は原則在宅勤務、ジムは閉鎖、行きつけの呑み屋も営業休止。こうなってみて初めて気付かされたけど、そしてあまり胸を張って言えることではないけれど、普段の僕の生活において、その三ヶ所は外出の9割を占めているよう [→続きを読む]

徐々に、でも確実に勢力を増してきているコロナウイルスは、もれなく僕の生活にも多大なる影響を及ぼしている。金曜日の小池都知事の「感染爆発の重大局面」会見を機に、ついに弊社にも(というより僕の所属している部署にも)原則的に出社停止:特別休暇で自宅待機命令が出た。不要不急の仕事は全てリスケし、自宅で様子をみるのだ。 言うまでもないが、僕は家でジッとしているのが苦手だ。用がなくても外をブラブラしたい人間だ。しかし今回ばっかりは仕方ない。家でできうる限りの時間を使って、ただただ我慢して3日目。どうしようも [→続きを読む]

さて、走り切って思ったことをいくつか書いておく。 今回悔しかったのは、進めど進めど、ふざけた格好で走っている人たちが前にいたことだ。僕は結局最後までカマキリを抜けなかった。どうやら“ふざけた格好をしている奴は速い”らしい。分析するに、普通に走ってタイムを狙うのに飽きた走りのベテランたちが、ふざけた格好で出ていることが多いのかもしれない。例えるならば、僕らが今趣味で柔道の試合に出たとして、柔道を初めてまだ1年の選手と片手で戦ったら負けますか?という状態なのだろう。 走る前は、次はフルマラソンかな、 [→続きを読む]

123...1020...»