翌日は7時に目が覚めた。サラリーマンが身体に染み付いてきてやがる。たらふく朝飯を食い風呂に入り、チェックアウト。相方が「時間があれば行ってみたい」と言っていた“起雲閣”とやらに行ってみた。時間なんて、あるに決まっているのだ。 起雲閣とは大正中期に大金持ちが建てた別荘で、時代特有の和風と西洋風が入り乱れた大きな建物だ。終戦後は旅館として活用され、谷崎潤一郎・志賀直哉・太宰治などの文豪に愛されたらしい。流石に僕でも知っている文豪たちだが、教養と歴史的興味の乏しい僕には、羽生善治が竜王戦を戦ったという [→続きを読む]

今月始めの週末、一泊二日で熱海に行った。仕事上の大きなイベントがあって、何とか大過なく(小過はいくつかあったかもしれないけれど)乗り越えたご褒美にベタな温泉旅行というわけだ。   土曜日朝8時起床。0カロリーサイダーを飲み、村上春樹流に「長い小便をした後に、いつも以上に丁寧に髭を沿って、熱いお湯で顔を洗って、少し頭をスッキリ」といった朝を気取ったのち、9時半に家を出て愛車で相方を拾った。渋滞もなく休憩を挟みつつも3時間かからずに熱海駅に到着した。 今回の旅も例によってプランなし。熱海駅 [→続きを読む]

今月のブログを読んでもらえると分かるかもしれないが、2018年12月から2019年1月にかけて、目が回るくらい仕事が忙しかった。2018年4月からやっとまともに働き始めた僕の、まだかなり短い社会人人生の中でではあるけれど、間違いなく一番忙しい2カ月間だった。具体的なことは書けないけれど、会社としての2大イベント、12月:決算発表、1月:株主総会があったせいだ。うちの会社は毎年11月から期が始まるのだけれど、今期2019年10月期から事業開発関連との兼任になったIR(Investor Relati [→続きを読む]

最近、家でご飯を作ることが増えてきた。増えてきたと言ってもここ最近で2、3回作っただけだけど。ただしちゃんと作った。得意のCookDoなどには頼らず、ちゃんと。 正直な話をすると、なんてことはない。相方が家でのんびりと酒を飲みながら料理して食べるのが好きなのだ。どうやら相方は僕を料理の出来る男に育て上げるつもりらしい。毎回会う何日か前に課題料理のレシピが送られてくる。最初は焼きそば、次に餃子、次にオムライスなんて具合に。超初心者のメニューが並んでいるのは、僕が超初心者だからだ。 ちなみに焼きそば [→続きを読む]

酒の味が分かる男になりたい。味が分からないにしても、せめて酒の種類やブランドの分かる男になりたい。最近こう思うことが増えてきたのは、きっとサラリーマンらしく普通にお酒をたしなむ機会が増えたからだ。今まで、柔道関係のメンツで値段の安さだけを追求したような居酒屋で、味わう暇もないままに浴びるように飲んでいた僕にしてみれば、成長したと言えなくもない心境の変化だ。 この歳にもなれば、会社の人や友達と、ちょっと小洒落た店に入ることもある。メニューを見ると、聞いたことはあるような、でもそれが何の酒なのか、何 [→続きを読む]

12月いっぱいかなり忙しい日々を送ってきた反動で、この年末年始の連休はなかなかダラダラしてしまった。そこそこ遊んだり、酒を飲んだり、トレーニングをしたり、本を読んだり勉強したりもしたけれど、今までのこの休みに比べると、一人でただボーッとしている時間が凄く長かったように思う。自分で思っていた以上に疲れていたらしく、特に寂しさを感じることもなく、暇を持て余すような感覚もなかった。 年越しの瞬間も然り。録画していた下らないドラマを1.8倍速で流しながら、ギターの練習をしているうちに12時10分頃になっ [→続きを読む]

さて、2018年も、あと数時間で終わり。最近、仕事が忙しくて、なかなか落ち着かなかったから、年末の実感もさほど沸いていないのだけれど。そもそも年末の実感って何かもよく分からないけれど、軽く今年はどんなことがあったっけと振り返ってみたりする。 何だか、遥か昔に思えるけど、僕は今年柔道を引退して、第二の人生を歩み出した。間違いなく今までの人生で一番大きな転機だ。普通のサラリーマンになって、今日でちょうど8か月、せっかくの機会だから、近況報告といこう。先に言っておくが、ちょっぴり良いことを、かなりカッ [→続きを読む]

先日久しぶりにプラネタリウムを観に行った。最近徐々に認知度が上がってきていると個人的に感じているコニカミノルタプラネタリウムの池袋サンシャインシティにあるやつだ。 プラネタリウムなんて、チャンスがないとなかなか行かない、と言うより思い付きもしない。だから毎回、行くのは久しぶりで、毎回「あー悪くないな」と思うのだ。 今回観たのは、スキマスイッチの歌を使った「星宙の未来花(ホシゾラのミライカ)」というもの。みなさんご存知の背もたれをドップリ倒せるシートが丸く並べられているホールで、大音量でスキマスイ [→続きを読む]

最近、実年齢よりも上に見られることが多い。女子じゃあるまいし全然嫌ではないのだけれど、一昔前まではどちらかと言えば幼く見られてきたつもりだから(大いなる勘違いかもしれないが)、いったい何が変わったんだろう、と少し気になっている。昔に比べたら間違いなく痩せて、多少は清潔感も身に付けてきたつもりなのに。 この前、会社の女の子に「藤井さんって27歳だったんですね!タメじゃないですか!」と言われた。「いくつだと思ってたんですか?」って聞いてみると「自分よりはずっと上だと思ってました」と言われた。その会話 [→続きを読む]

今月初旬、会社の先輩たちに誘ってもらって、フットサルなるものに参加した。道場で、裸足で、柔らかいゴムボールで、やる遊びのミニサッカーゲーム的なものはよくやったけれど、ちゃんとしたコートを借りて、ちゃんとした人数で、ちゃんとしたボールでやる、要するにちゃんとしたフットサルは初めての経験だった。 誘ってくれたのは会社の先輩だけれど、参加していたほとんどは社外の人たちだった。身体だけは立派でいかにもアスリートみたいな恰好をしているくせに、正真正銘素人の僕はかなり緊張した。見かけだけかよ、と言われそうで [→続きを読む]

123...1020...»