未分類

先週日曜日9月1日、日本武道館で東京学生体重別個人戦があった。結果は3回戦負け、その試合で肋骨骨折の怪我をして敗者復活戦は棄権、どこをどう見ても最悪の一日だった。 結果はともあれ、今一つ勝ちに拘った、気持ちを前面に出した戦い方が出来なかった。練習不足や、それに伴ったメンタルの弱さが露骨に出た試合だったと思う。 ともあれ柔道みたいなスポーツを15年やってきて、自分でも意外なことに骨折は今回が初めてだ。感想としては 「 どうりで痛いわけだ 」 って感じ。更にこの体幹部分の故障ってのは非常に厄介だとい [→続きを読む]

未分類

今月26日から、ブラジルのリオデジャネイロで柔道世界選手権大会=世界柔道が開催されている。地球の真裏側ということで、こっちでのライブ放送が毎晩深夜3・4時になるから、柔道関係者以外で見てくれている人は滅多にないだろう。今週末に試合を控えている僕もライブでは見られず、スカスカ眠りながら夢の中で応援している。起きてすぐにツイッターで結果を確認する毎日だ。 この世界選手権、1日に男女1階級ずつやっていって全7日間。今日29日で軽い方から3階級、男子は-73㎏級まで終わっている。我が日本チームは絶好調、 [→続きを読む]

未分類

僕は東海大相模高校での3年間で、偉大なる先生や先輩たちからかけがえのないたくさんのことを学ばせてもらった。競技スポーツは結果が全てである。その意味も怖さも重々知った上で、どんなに凄い実績を残そうとも、日々の生活がダラしなければそんなものに意味はない、そういう教育を受けた。・・・叩き込まれた。 「 強い者ほど他に優しく、謙虚であれ 」「 他人に行動して欲しければ、まず自分が行動せよ 」 輝かしい成績を残している人たち自身がこれを実践しているのを間近で見てきた。相模高校時代だけではない、日本をしょっ [→続きを読む]

未分類

先週の火曜日から日曜日までの一週間、慶應柔道部の部内合宿を行った。 毎年のこの時期の合宿は、日体大の合宿に参加させてもらったり富山の方へ遠征に行ったりしていた。しかしそれらは、あくまで僕個人の意見だが、うちのレベルが低くて相手校と合わなかったり、いつもの練習との違いに適応できない部員が多かったりと練習以外の部分に関わるストレスが多くて、なかなか練習に集中しにくく思えた。そこで今年は部員数も十分多いことだしお金もかからないということで、ホームで、本当にガッツリ柔道が出来る環境にしてみようと考えたわ [→続きを読む]

未分類

先週に引き続きゴールド・ジムでのお話。このジムでは入会者に「体力測定」と「トレーニングメニュー作成」が無料サービスとなる。だいたい入会してすぐに体力測定を行い、そこでの結果と強化したいポイントを踏まえて、専門のトレーナーさんと一緒にメニューを作っていく。 ジムでの体力測定と聞けば当然ベンチプレスやスクワットの値を測っていくものだとばかり思っていた。入会前のお試し期間ここでトレーニングをしていて、自分がまだまだこの世界で貧ガタイだと痛感させられていた僕は、何となく憂鬱な気分で、何となく緊張しながら [→続きを読む]

未分類

テスト休みからそのまま解散という、長~い休みもそろそろ終盤。8月6日からの柔道部稽古始めに向けて、大学生最後の夏にふさわしい充実した日々を送っている。海行ったし、BBQたくさんしたし、花火大会二つ行ったし、プライベート花火もしたし、温泉旅行したし、実家にもちょろっと帰ったし、ひとまずやり残したことはない。あとの2、3日はノンビリして、6日からは一ヵ月後の試合に向けた体の調整をしつつ過ごして行くつもりだ。 8月から 『 ゴールドジム 』 馬車道店に入会した。もう何度か行っていて、明日は体力測定テス [→続きを読む]

未分類

8月10・11日、音楽イベント 「 サマーソニック 」 が幕張メッセで開催される。その警備のバイト求人が我が柔道部に来ている。30人の大規模な求人で、僕達は部費バイトとしてこれに応じよう考えている。 部費バイトとは、部への求人に応じて部員たちが様々なバイトをして、部のカツカツな財政の助けに賃金の何割かを上納するシステムのことだ。だいたいは今回みたいなイベント警備で、九州まで出向いたりもする。時には矢沢永吉氏のようなビッグなアーティストのコンサート警備だったりもする。 具体的に警備とは、酒なんか呑 [→続きを読む]

未分類

慶應の柔道部には毎学期長~いテスト休みがある。いつもだいたい4週間くらいで、今回の春学期末テスト休み + 解散は、7月15日から8月5日まで。僕みたいな根っからの体育会系の人間から見れば、こんなんで体育会を語って良いのか、と言いたいくらいだが、まぁ文武両道の 「 文 」 に力を注ぐのが自慢の慶應柔道部なのだから当然と言えば当然なのだ。僕は毎回テストの合間を縫って他大学に出稽古しまくってこの期間を過ごす。部員のみんなは普段やっていない 「 文 」 をこの短期間で取り戻し、くれぐれも留年だけはしない [→続きを読む]

未分類

先週火曜2日から日曜7日まで慶應三田キャンパス綱町道場で、暑中稽古なるものをやった。これは寒稽古の兄弟分で、朝5時半から練習する、いわゆる精神修行的な要素の強いやつだ。慶應幼稚舎 ( 小学校 ) 生から塾高生、大学生、OBに至るまで、この年に二回のデラ朝早い練習でみんなが一同に会す。歴史と伝統を重んじる慶應らしい微笑ましい雰囲気に満ちたイベントである。 僕自身は早起きは苦手じゃないし、後輩と練習するのも嫌ではない。でも毎年毎年何が困るって、道場の狭さだ。三田道場は一試合場の広さしかない。普段日吉 [→続きを読む]

未分類

先週から、高校時代の柔道部同期が一人、教育実習で母校に戻っている。彼も含めてほとんどの同期が東海大に進んで柔道をやっているから別に久しぶりってわけではないんだけど、これをだしに誘い合って、練習がてら東海大相模高校に集まった。 練習後、実習生含め同期4人と、今相模の寮監を務めている一つ上の先輩と、恩師とで、ちょっとだけ (?) お酒も入って、久しぶりに心燃え立つ熱い話をした。 別に他の団体組織をけなすわけではないけれど一つだけ断っておきたい。熱い話ってのは、普通に部活やってちょっとキツい練習を乗り [→続きを読む]

«...10...192021...30...»