ローリスク・ハイリターン


投資の世界ではローリスク・ハイリターンの案件を見つけるのは難しい。そういう案件があればすぐに多くの人が気づき投資に参加しようとすることで、必要な投資金額が高まり、期待できるリターンが下がってしまうからだ。ローリスク・ハイリターンの案件に投資するためには、ほとんどの人が気づいてないところで、自分だけがそれを先に見つけるしかない。

そういうことが頭の中にあるとローリスク・ハイリターンは基本的に無理なのでは、とあきらめてしまいそうになるが、見方を変えれば普段の行動の中ではリスクを取らずに大きなリターンを得られることはたくさんある。

たとえば本を読むこと。わずかなコストがかかるのと、もしかしたら目が悪くなったり、憂鬱になってしまったりするリスクがあるかもしれないが、多くの場合はその体験自体が楽しい(億劫なこともあるけれど)上に、本を読んで知性を磨き知識を増やすことは自身が将来経済的な価値を生み出すことにつながる可能性も高い。同様のことは本に限らず学び(勉強)全般に言える。気が進まない教科も多いかもしれないが、それでも勉強することのリスクはあまりない。多少の負担はあっても、適度な量であれば体を壊すこともあまりないだろう。勉強自体が楽しくなれば、それ自体がリターンと考えることができるし、それが価値を生み出すことにつながることでますます勉強が楽しくなり、より多くの価値を生み出せるようになる、といった好循環が生まれれば、複利的にリターンが蓄積されていく。

天気のいい日に散歩してみる、というのもローリスク・ハイリターンだと思う。交通事故に遭ったり、転んで怪我したり、といったリスクもなくはないが多くの場合十分小さい。気分がよくなるし、健康にもよさそうで、リスクに対するリターンは大きい。

もちろん、それぞれの人の価値観によって何がリスクで何がリターンか、ということは変わってくるし、すべてのことが定量的に考えられるわけではない(そういった考え方がそぐわないこともある)。それでも自分の価値観に応じたリスク、リターンを考えてみることは、自分にとって意義のある時間の使い方のヒントになりそうだ。


洋々ではプロフェッショナルによる無料の個別相談を承っております。

個別相談申込ページからご予約いただくか、

電話またはメールにてご連絡ください。

電話:03-6433-5130(平日1400-2100、土1000-1900。水日祝休み。)

Eメール:you2_info@you2.jp

お気軽にご相談ください。

洋々代表。日本アイ・ビー・エム株式会社にて、海外のエンジニアに対する技術支援を行う。その後、eラーニングを中心とした教材開発に、コンテンツ・システムの両面から携わる。 東京大学工学部電子情報工学科卒。ロンドンビジネススクール経営学修士(MBA)。