AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

学習院大学国際社会科学部:AO入試


学習院大学国際社会科学部AO入試について解説しています。一通りお読みいただくことで、出願資格、募集人数、選考スケジュール、選考科目、出願書類の内容など入試の全体像について理解することができます。
 


 

学習院大学国際社会科学部AO入試の概要

募集人数・出願資格・選考科目

学科募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件1次2次
国際社会科学科20人2浪まで可*なし指定の外国語検定試験で
基準を満たすスコアを持つこと**
書類筆記試験/
口頭試験

*外国や外国人学校で学校教育を受けた者、国際バカロレア資格取得者などは、詳細を募集要項で要確認

**対象は、TOEFL-iBT、IELTS、TOEIC L&R + S&W、GTEC CBT、TEAP、TEAP CBT、英検、ケンブリッジ英検
詳細は以下『指定の外国語検定試験』を参照

 

スケジュール

 

出願:11月初旬

1次発表:11月下旬

2次選考:12月中旬

最終発表:12月下旬

入学:翌年4月

 

学習院大学のアドミッッションポリシー

学習院大学では、“人類と祖国に奉仕する人材の育成”を教育理念に掲げています。それは、人のために働き、貢献する人を意味します。
そのために、入学後は大学の授業や研究だけに留まらず、課外活動にも積極的に取り組む学生を求めています。

 

国際社会科学部の特徴

国際社会科学部では、社会学の考え方と手法を適応し、広い視野から国際社会の問題や現象を分析し、理解する力を身につけます。そのスキルを生かして、様々な国の人と協力して働き、海外でのビジネスに積極的に応じる人材を育成します。
そのために国際社会科学部では、国際的に活躍したい学生を求めています。特に、積極的に国際的な環境に身を置いて活躍の場を見つけたいと考えている、チャレンジ精神のある人がこの学部に向いています。

募集人数は20名ですが、毎年50名前後の合格者を出しています。

 

1次選考:書類による審査

1次選考は、志願票、調査書、成績証明書、外国語の検定試験の成績、志望理由書、「海外研修に関するあなたの考え」の5点から総合的に評価されます。

 

出願書類

出願書類は、大学が指定する用紙で志望理由書と「海外研修に関するあなたの考え」を作成します。
志望理由書では、なぜ「学習院大学の国際社会科学部に進みたいのか」という明確な志望動機が必要となります。
「海外研修に関するあなたの考え」では、入学後に海外研修に参加する場合に、「そこで何を学びたいのか、海外研修後の自分の将来をどう計画しているのか」など、説得力のある文章が求められます。

 

志望理由書とは?

履修を希望する専門科目*の講義(5つまで)と、大学卒業後に希望するキャリアを踏まえて、学習院大学国際社会科学部が自分に合うと考える理由を日本語で500〜600字で述べます。
*募集要項に授業名と詳細が記載されています。

 

「海外研修に関するあなたの考え」とは?

現在までの海外留学経験と海外での在学経験を踏まえ、国際社会科学部入学後にどのような海外研修をしたいのか、現時点での自分の考えを述べます。例えば、行く期間、滞在する国・地域、そこで学びたいこと、海外研修後の将来についてなどを書きます。
入学後の海外研修を拘束するものではないので、今自分が考えていることを素直に書けば大丈夫です。

 

指定の外国語検定試験

学習院大学国際社会科学部AO入試志願者は、指定の外国語検定試験で一定の基準以上のスコア・級を持つ必要があります。
全ての資格に対する注意
・全てのスコア・級において、出願時に取得後2年以内のもののみ有効です。
・複数の資格を持っている場合、それら全てを提出して構いません。
・異なる実施回の4技能スコアを組み合わせて提出することはできません。同一実施回のスコアを提出します。

資格名必要な
スコア
必要な
成績証明書
その他
条件
TOEFL-iBT62点以上Official Score ReportIPTは不可
TOEFLのOfficial Score Reportのみ
事務局から大学に直接郵送可*
IELTSOverall Band Score
5.5以上
Test Report FormAcademic Moduleのみ有効
TOEIC L&R + S&W910点以上各OFFICIAL SCORE CERTIFICATEWritingのみ、Speakingのみの
単体受験は不可
団体特別受験制度(IP)及び
TOEIC Bridgeのスコアは不可
GTEC CBT1200点以上Score Reportなし
TEAP310点以上成績表(OFFICIAL SCORE REPORT)4技能の合計、同一試験日の
スコアの合計点に限る
TEAP CBT550点以上成績表(OFFICIAL SCORE REPORT)なし
英検準1級以上合格証明書CSEスコア2340点以上
ケンブリッジ英検First Certificate in English
(FCE)以上
合格証明書(Certificate)中高生対象のケンブリッジ英検
(Cambridge English for Schools)
は不可

*TOEFL以外の外国語検定試験の成績証明書は、各事務局から大学に直接送ることは不可

2次選考:筆記試験・口頭試験

筆記試験(90分)
まず国際社会に関する英語の長文を読みます。その後本文の要約(英語)・本文の和訳・国際社会に関する知識問題(日本語)を解きます。

口頭試験(1人10〜15分)
英語と日本語で行われます。
英語パート:自己紹介や将来像を説明することを通して、英語によるコミュニケーション能力を確認すると共に、国際社会科学部への適性を見られます。
日本語パート:国際社会の課題について説明し、その課題に対する知識や関心を見ます。

 

学習院大学国際社会科学部に公募制推薦入試で合格したい方へ

洋々では、学習院大学国際社会科学部の公募制推薦入試に対応した講座をご用意しています。
まずは無料の個別相談にお越しください。最新の受験情報のご提供やカウンセリングによる最適な受講プランのご提案をさせていただきます。

 


50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!