AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

青山学院大学 文学部:自己推薦入試


入学試験概要

学部 募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件 1次 2次
英米文学科 約30 なし なし 所定の英語資格基準 書類 筆記・
面接
史学科 約15 現役 全体4.0以上
または
全体3.8以上かつ
世界史Bまたは日本史B4.5以上
なし 書類 筆記・
面接
比較芸術学科 約10 現役 全体4.0以上
または
全体3.8以上かつ
外国語4.2以上かつ
世界史Bまたは日本史B4.2以上
なし 書類 筆記・
面接

青山学院大学文学部では

  • 英米文学科
  • 史学科
  • 比較芸術学科

の3つの学科で自己推薦入試を実施しています。
英米文学科のみ出願締切が9月初旬と早いため注意が必要です。
史学科と比較芸術学科の出願締切は10月中旬となっています。

 

英米文学科について

また、英米文学科のみ英語資格による出願要件が定められており、所定のスコアを所持していないと出願できません。
英米文学科の英語出願資格は以下になります。

〇英米文学科の英語出願資格(いずれか)

  • 実用英語技能検定準1級以上
  • TOEIC 730点以上
  • TOEFL iBT 68点以上
  • TEAP(4技能) 300点以上(TEAP CBTは除く)
  • IELTS(オーバーオール・バンド・スコア) 5.5以上

 

一次審査は書類選考では志望理由、入学後の計画を記入する「入学願書」の対策がメインになります。

二次審査では一次の書類審査合格者に対し、「筆記」と「面接」が課されます。どちらも英語および日本語で課されます。

 

史学科について

一次審査は書類選考では「志望動機・理由書」、「自己推薦入試課題」が課されます。
「志望動機・理由書」では、志望理由・入学後の学習計画・目標等を1200字以内で記入します。
「推薦入試課題」は歴史に関する2000字以内の意見論述となります。

二次審査では一次の書類審査合格者に対し、「筆記」と「面接」が課されます。
筆記試験については歴史分野の学力を問う論述となっており、「歴史に関する資料」または「歴史に関する英文」のいずれかを選択し、問題に答える小論文形式となっています。

 

比較芸術学科について

一次審査は書類選考では「志望動機・理由書」、「自己推薦入試課題」が課されます。
「志望動機・理由書」では、志望理由・入学後の学習計画・目標等を1500字以内で記入します。
「推薦入試課題」は芸術に関する2000字以内の意見論述となります。

二次審査では一次の書類審査合格者に対し、「筆記」と「面接」が課されます。
筆記試験については芸術に関する基礎知識を問うものとなっています。

 

対策のポイント

英米文学科に比べ、史学科、比較芸術学科は出願書類の分量が多くなっているため早めの対策が必要です。
特に1500字以内で志望理由・入学後の学習計画の記入が求められていますが、面接も想定してかなり具体的な内容まで考えておくことが重要です。
推薦入試課題は形式としては小論文と言えますが、一般的な試験と違い推敲を重ねられる分、高い完成度が求められます。
日頃から関連する書籍を読みしっかりとした知識の土台を作るとともに、実際に論述したものの推敲を重ねていきましょう。

 

洋々卒業生『合格者の声』