AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々

洋々のメンター・トレーナー

AO入試・推薦入試・小論文対策の塾 洋々 > 洋々の特長 > 洋々のメンター・トレーナー

プロフェッショナル・エキスパートと並ぶ洋々の自慢の一つがこの「メンター・トレーナー」です。

洋々では、プロフェッショナルやエキスパートを補佐する存在として、厳しい審査基準をクリアした優秀なメンター・トレーナー(大学生講師)を多数揃えています。受講生の個性や特性、その志望校の特性を踏まえた最適なメンター・トレーナーが割り当てられます。
洋々のメンター・トレーナーは、志望理由書の作成、小論文、英語等、AO入試・推薦入試・一般入試で合格を勝ち取る為に必要となる項目において、学生トップクラスの技能を有していると自負しております。

このページでは、洋々の誇るメンター・トレーナー陣の一部をご紹介します。

メンター・
トレーナー
自己アピールアドバイス
篠原かをり
篠原かをり

慶應義塾大学
環境情報学部
高校時代はクイズ研究会を立ち上げ、2年連続高校生クイズ全国大会に出場しました。
得意科目は生物で生物学オリンピック国内予選優秀賞を頂きました。
学校の成績は164位/183位で評定平均…続き
「AO入試は基本的には受からないもので、くじに当たるようなものだと思いなさい。」
私がAO入試の受験を決めた時、当時の担任の教師から言われた言葉です。
私は決してそんなことはないと思っ…続き
永井公成
永井公成

慶應義塾大学
総合政策学部
私は多くのメンターの方々とは違い、AO入試を受験せずに一般入試のみの受験で慶應義塾大学総合政策学部に合格しました。洋々で学んだことが結果的にSFC合格へとつながりましたが、それ以外の予備校の講義も過去…続きSFCの一般入試の小論文は大学受験小論文の中では最難関と言われています。多岐にわたる出題分野や膨大な添付資料、年度にもよりますが1500字にも及ぶ文字数、また解答する上で受験者独自のアイデアを要求され…続き
米倉京香
米倉京香

慶應義塾大学
総合政策学部
私がSFCを目指し始めたのは高校3年生の夏で、それまでは国立理系コースで全科目勉強をしていました。幼少期をアメリカで過ごしていたこともあって英語には自信があったので、英語と小論文で一般入試を受けること…続き私は一般入試だったのでAO入試のことが詳しくわかりませんが、受験は「自分を知る」ことが大切です。他人との戦いでもなく、どれだけ自分に合ったやり方で、自分に合ったペースで、無駄なくやるかが大切です。そし…続き
S.M
S.M

慶應義塾大学
法学部
慶應義塾大学法学部政治学科 FIT入試合格

英検準1級、GTEC GRADE7
国連高校生の主張コンクール東京都大会優秀賞受賞
ヴァイオレットリチャードソン賞日本東リジョン賞…続き

AO入試は、教科書などには載っていない、自分の経験を振り返る時間です。自分には何もないとあきらめる前に、今の自分に何ができるのか、何がしたいのか考えてみてください。歩んできた道には必ずきらりと光る何か…続き
西井彩
西井彩

慶應義塾大学
環境情報学部
私は4月Ⅱ期A方式でSFCに合格しました。Ⅰ期はB方式の二次で落ちてしまい、ショックも大きかったですが、そこから悔しさをばねに再び奮起し、リベンジを果たしました。

一般入試の対策、AO…続き

AO入試で見られているのは、実績がどれだけ輝かしいかではなく、それまでの経験から何を考え、何を得たか、そしてそれが自分の夢にどう関わっているのか、だと思います。私自身、特に輝かしい実績は持っていません…続き
小松恵美
小松恵美

早稲田大学
国際教養学部
中学時代
●吹奏楽部 部長
高校時代
●一年間のカナダ留学
●慶應義塾大学SFC 口永良部島プロジェクト参加
●WORLD SCHOLARS CUP 東京大会、世界大会出…続き
AO入試で最も重要なことは、自分自身についてよく分析し知ることです。なぜ大学へ行きたいのか、将来なにがしたいのか、なぜ社会に問題意識を持っているのか...自分が考える全てのことにきっかけとなる経験があ…続き
粟野りな
粟野りな

慶應義塾大学
法学部法律学科
・高校生模擬裁判選手権優勝
・慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試A方式合格
・SFC未来構想キャンプ優秀生
・SFC AO入試C方式受験(FIT入試合格の為、辞退)
<…続き
数ある書類の中で特に重視してもらいたいのは志望理由書です。私が作成したものも「これ以上のものは書けない」と言えるくらいまで修正を重ねた力作で、大学生活を送る今でもその志望理由書が私のモチベーションを支…続き
穴水雄大
穴水雄大

慶應義塾大学
環境情報学部
突然ですが、皆さんにとっての「強み」とは何でしょうか。
部活に、スポーツに、勉学に、趣味に、家事に、研究に、勤しむ。もちろんこの限りではありませんが、十数年や数十年の人生の中で自分の「強み」を見つける…続き
小論文とは受験勉強で学んだことだけがすべてではありません。自分の人生すべてが土台となります。だからこそ今朝テレビで見たニュースも、学校で友達と話した小さな話題も、ネットで見つけた見出しも…もちろん、誰…続き
松本真美
松本真美

慶應義塾大学
法学部法律学科
私はFIT入試B方式で法学部法律学科に合格しました。
正直、私はFIT入試を受験できるとは思っていませんでした。特にこれといって秀でている才能があるわけでも、何か特別なことをしてきたわけでもない私にと…続き
AO入試は「自分の志を形にする」、入試だと私は考えています。私はAO入試の準備をする過程で、私は自分の将来の夢を再認識しビジョンを明確にすることができました。自分と深く向き合うことは簡単そうに見えて、…続き

荻原花佳

青山学院大学
地球社会共生学部
私が推薦入試を受験しようと決意したのは、高校3年次の4月と少し遅めのスタートでした。高校ではオーストラリアへ1か月間、イギリスへ2週間、短期留学に行く機会が与えられ、部活はWSS部という国際交流部に入…続き私は高校3年の4月に推薦入試を専門とした予備校に入ったので、他の高3生よりもスタートが遅めでした。予備校に入った当初は出願まであまり時間が無いということもあり、急ぎ足で自分史を生誕時から辿るということ…続き

小熊理子

慶應義塾大学
法学部政治学科
「その瞬間に心揺さぶられるものに」これが私のモットーです。高校時代、学内だけでは物足りず、学外にも足を運び、新しい刺激にあふれた日々を送っておりました。・学習院代表チアリーダー 副部長・学…続き「磨かなければただの石」最後まで、自分をダイヤモンドの原石と思えるかどうか、磨く過程を惜しまずにいられるかどうか。自分の価値を自分で定めてしまうこともできるからこそ、これは一つの大きな分かれ道だと…続き

舛村康成

慶應義塾大学
環境情報学部
自分は高校時代に様々な活動で多くの賞を頂き、AO入試で現在の大学に入学しました。自分の様々な経験を活かしみなさんを全力でサポートできればと思います。

高校時代の活動は多岐に渡り、WEBプログラミング…続き

AO・推薦入試に必要なのは“強い自信”だと思います。

受験生の中には、アピールする自信のあることもなく、自分を普通の高校生だと考えている人も少なくないと思います。しかし、誰にでもその人なりのアイデン…続き


燧芽実

慶應義塾大学
法学部法律学科
私はFITのB方式慶應義塾大学法学部法律学科に合格しました。A方式も一次通過しております。

宇宙について興味があり、志望理由を宇宙法に設定し、資料を読むだけではなく積極的に研究会や取材にも出向きまし…続き

受験では、色々な人に頼って下さい!高校時代、私は内部推薦や部活で忙しくAO受験を悩みました。しかし、色々方に相談してアドバイスを頂いたり、支えて頂いたおかげで受験を乗り越えられました。ぜひ、勉強につい…続き

伊藤大樹

慶應義塾大学
総合政策学部
◯方式
4月入学Ⅱ期、AO入試にてSFCに合格。

◯SFCを志望した経緯
 高校2年生まで、就職先の年収ばかり気にしていたため志望校は慶應でした。しかし、ある時、有名大学を卒業し、大企業に就職…続き

まず、ココ・シャネルの名言を紹介します。
「In order to be irreplaceable one must always be different.
かけがえのない人間になるには、常に…続き

森原正希

早稲田大学
創造理工学部建築学科
私は高校2年生の春に、環境を変えるため、芝浦工大への内部推薦の権利を蹴り、他大学に一般試験で挑むことを決意しまし、多大受験クラスに所属しました。
しかしながら、当時は、大学の進路先は漠然としており、…続き
AO入試はよく一芸入試と勘違いされますが、そうではないと私は思っています。どのくらい、自らの人生、進路、価値観と向き合い、悩み、そして考えてきたのか。ということが根底にある入試だと思います。

一般…続き


高山知世

慶應義塾大学
法学部法律学科
・慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試A方式合格
・慶應義塾大学法学部法律学科FIT入試B方式合格
・中央大学法学部法律学科自己推薦入試1次合格(2次辞退)
・TOEFL93点 ・英検準一級
…続き
AO入試を受けるというと自分に特別な何かがないといけないと考えられがちですがそんなことはありません。実際私も留学経験くらいしか周りの高校生との差異がなく、受験期はそのことでかなり悩みました。しかし、私…続き

内田夏月

横浜国立大学
教育学部
「知識を教えるのではなく、受験生が自分の力で考え成長し、自信をもって受験できるよう手助けをする」
これは私が目指す理想のメンターです。

私はAO入試で横浜国立大学教育人間科学部に合格しました。…続き

私はこれといってアピールできる実績を持っていたわけではありませんでした。それでも合格できた理由は、受験生の誰よりも真剣に自己分析をし、受験校のことを知らべ、どうしてもこの大学に行きたいという気持ちを持…続き

中村茉林

お茶の水女子大学
文教育学部言語文化学科
私がAO入試受験に際してやってきたことは、考え続けることです。
とはいえ考えてもわからないことはいっぱいあったので、本を読んだり、現場に足を運んだり、視野を広げ視点を増やすために様々な方とお話したり…続き
私や皆さんの多くは今、青年期にあります。自分は社会の中でどんな役割を果たすのか、自分は将来どうしたら良いのかと自分自身について色々考える時期にあります。また、社会に対して疑問を持ったり自分なりの考えを…続き

榎本武明

上智大学
総合グローバル学部
僕は中学・高校時代にはラグビー部に所属し、活動していました!
また、高校では高校2年生の夏休みから10ヶ月間、アメリカのミズーリ州セントルイスに留学していました。
進路面では留学から帰国後、付属の…続き
AO入試や公募推薦は自分自身の対策と備えが最も重要です。
自分の将来の夢・目標、そして自分の目標がどう社会に貢献するのか
そして、なぜその大学・学部に進学しなければならないのか など、自分の軸をし…続き

F.M.

早稲田大学
政治経済学部政治学科
妥協が苦手な私は、高2の夏までのカナダ1年留学後、10月の引退までクラブに没頭、その後も小学校からの皆勤を維持し、一般受験に向け日々の課題や小テストにも力を入れた為、グローバル入試への本格的な準備を始…続きAO入試では、志望大学のことをよく知ることが必須です。大学発行の案内や各種資料を読み込み、ここだと思ったところを細かくチェックすることが、そのまま自分を深く掘り下げる事にも繋がります。私は、志望大学で…続き

司雄一郎

慶應義塾大学
環境情報学部
高校を中退、単身留学、医学部進学など珍しい経験をしていると思います。

高校まで野球とピアノを続けていました。興味分野が広く、学んでいた医学や言語だけでなく、福祉を中心とした社会保障などの政治にも興…続き

自分の将来なりたい姿をぼんやりとでも想像しておくことが大切かもしれません。ぼんやりとでも見えていれば、きっと洋々のGMやその他、プロの方やメンターがそれを言語化するお手伝いすることができ、アピールする…続き

池田理哲

早稲田大学
理工学術院創造理工学研究科建築学専攻
私は早稲田建築にAO入試で入学しましたが、その存在を知ったのは高校3年の8月でした。

特別絵の才能があるわけではなく、ネイティブのように英語が話せるわけではありません。小学校からバスケットボールをし…続き

AO・推薦入試を受験する際にまずは自分と真摯に向き合うことが大切だと考えています。
何故自分はこの大学のAO・推薦入試を受験するのか、一般入試ではダメなのか、他大学ではダメなのか。自分が自信を持てるこ…続き

石上結菜

慶應義塾大学
環境情報学部
 私はAO入試4月入学II期で環境情報学部に合格しました。第一志望であった環境情報学部に帰国生入試で不合格をもらい悔しい思いをしたことから、洋々に通い始めました。多様な文化の中で生活してきた経験を生か…続き AO入試では、自分が経験してきたことからどのような事を「感じ」「考え」「受け取った」のかが大切であると考えています。またそれが自分の将来にどう繋げていけるのかが大事になってきます。最初私はやりたい事…続き

遠藤稚子

慶應義塾大学
環境情報学部
高校時代
私は合気道、英会話、ミドリゾウリムシの研究に力を入れていました。しかし、私はSFCを受験することを決めていた訳でもなくただ好きなことと目の前にあることだけを一生懸命やってきた、という高校生活…続き
AO入試は全国の高校生が全員持っている教科書の中身ではなく、その人しか持っていないものを評価してもらえる方式です。その分、自分で考えたり特別な準備をする必要があるため難しいことだと考えている方も多いと…続き