AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

立教大学法学部:自由選抜入試


立教大学法学部自由選抜入試(AO入試)について解説しています。

このページをお読みいただくことで出願資格、募集人数、選考スケジュール、倍率、選考科目、出願書類の内容など、立教大学法学部自由選抜入試の全体像について理解することができます。

立教大学法学部の自由選抜入試は書類選考による1次選考と、面接による2次選考により選考が行われます。

※以下の情報は2020年度入試要項を基に作成しています。

 

立教大学法学部自由選抜入試の概要

 

募集人数・出願資格・選考科目

学科募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件1次2次

法学科/
政治学科/
国際ビジネス法学科

8名
程度
現役のみ全体の評定平均値
3.8以上
所定の英語資格スコアの提出/
(a)~(c)のいずれか
書類面接

 

英語資格スコアについて

出願には以下(a)~(j)いずれかの英語資格試験のスコアを提出する必要があります。スコアによる出願基準はありません。

(a) ケンブリッジ英語検定(Cambridge English Qualifications)
(b) 実用英語技能検定(英検)(従来型、英検 CBT いずれも可)
(c) GTEC(4技能版)(オフィシャルスコアに限る)
(d) GTEC CBT
(e) GTEC(3技能版)(オフィシャルスコアに限る)
(f) IELTS(Academic Module)
(g) TEAP(Reading/Listening+Writing+Speaking)
(h) TEAP CBT
(i) TOEFL iBT
(j) TOEIC L&R および TOEIC S&W(いずれも IP テスト可)

 

資格(a)~(c)について

上記の英語資格スコアの提出に加え、以下の(a)~(c)のいずれかに該当している必要があります。

(a)高等学校等上記出願条件1に該当する教育課程在学中に、学術・文化・芸術の分野で高い評価を得た者(音楽、演劇、美術、文学、書道、弁論などにおける都道府県レベル以上の大会・コンクールで上位に入賞した者など)。団体での活動の場合は、高い評価を得ることに中心的役割を果たした者。

(b)高等学校等上記出願条件1に該当する教育課程在学中に、スポーツの分野で都道府県レベル以上の大会においてベスト8以上の成績を収めた者。団体競技の場合は、ベスト8以上の成績を収めたチームで、指導的役割を果たした者もしくはレギュラーまたはそれに準ずる選手として活躍した者。

(c)外国において、外国の学校教育制度に基づく高等学校(10 学年以上に相当する課程)で、継続して2学年以上の課程を修了し(見込みの者を含む)、かつ、特色ある異文化体験を持つ者。
※ここでいう「外国の学校教育制度に基づく高等学校」には、在外教育施設は含めない。

 

立教大学法学部自由選抜入試スケジュール

 

出願:10月上旬

1次合格発表:10月下旬

2次選考:11月中旬

合格発表:12月月上旬

入学:翌年4月

 

立教大学のアドミッションポリシー

立教大学では、“専門性に立つ教養人の育成”を教育理念に掲げています。それは、大学の建学の精神である「Pro Deo et Patria」(神と国のために)に基づき、「普遍的なる真理を探求し」(Pro Deo)、「私たちの世界、社会、隣人のために」(Pro Patria)働くことのできる人という意味です。そのために、正課の授業及び、授業外の活動にも積極的に取り組む学生を求めています。

 

立教大学「自由選抜入試」とは?

「大学で学ぶために必要な能力はいわゆる偏差値に代表される学力のみではない」をという考えの基、1994年に始まった入試制度です。
志望する学部に関連した高い能力を持つ人・学業以外の諸活動の分野に秀でた個性を持つ人で、立教大学とその各学部の教育目的を理解し、そこで学びたいという熱意のある学生を受け入れることを目的としています。

 

立教大学法学部自由選抜入試の倍率

近年の倍率は以下のとおりです。
法学科:5.8倍~15倍
国際ビジネス法学科:2.2倍~4倍
政治学科:3.3倍~9倍

 

1次選考:書類選考

主な出願書類は以下です。
・入学志願票
・志望理由書
・調査書
・活動報告書B
・活動報告書C(出願条件4(c)資格のみ)
・英語資格証明書原本

 

志望理由書

出願書類の中で特に重要な書類が「志望理由書」です。以下の内容について所定の用紙に手書きで作成します。
志望理由書は2000字で、これまでの自分の実績集中して行ってきたこと、及び大学入学後に何をどのように学びたいのかを書きます。
それを書く上で特に大切なことは、なぜ「立教大学のその学部・学科に進みたいのか」という明確な志望動機です。

 

活動報告書C

活動報告書Cは出願条件4(c)資格で出願する者のみ提出が必要です。「あなたが有する特色ある異文化体験について」具体的に1000字程度で記述します。自己アピールの材料となる重要な書類のため、取り上げる内容についてはしっかりと吟味しましょう。

 

立教大学法学部自由選抜入試の対策プラン

洋々では立教大学法学部自由選抜入試の出願書類作成から2次選考までサポートするプランをご用意しております。

まずは無料の個別相談をおすすめしております。
立教大学法学部自由選抜入試に関するより詳しい試験情報の提供ほか、現在のご状況をお伺いし、最適な対策プランをご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

 

 

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!