立教大学法学部:自由選抜入試


入学試験概要

立教大学法学部自由選抜入試は、「大学で学ぶために必要な能力はいわゆる偏差値に代表される学力のみではないと考え」、「志望する学部に関連した高い能力をもつ者、あるいは学業以外の諸活動の分野に秀でた個性を持つ者で、本学ならびに各学部の教育目的を理解し、そこで学びたいという熱意のある学生を受け入れることを目的としています。」(募集要項より)

一次選考の書類選考では、2,000字程度で大学の志望理由と自己PRポイントを記述する「志望理由書」が課されます。

また、二次選考では、「英語」および「面接」が課されます。

以上のように、立教大学法学部自由選抜においては、書類、英語、面接の対策が必要となります。