昨年末の就任以来、安倍首相が打ち出してきた政策、その意向を受けての日銀の金融政策は概ね好意的に受け入れられているようだ。これだけ日経平均株価が上昇すると国民のマインドも上向くだろう。大事なのはこの先であり、これからどうなるかは予断を許さないが今のところ順調といってよいのではないか。今回の安倍政権がいいスタートを切ることができた要因はいろいろある。自民党を厳しく批判することで政権を担う機会を得た民主党が結局自民党のやってきた以上のことをできずに終わってしまった今、説得力のある批判を展開できる人が少 [→続きを読む]

何かを知るということは自分の分解能を上げることだと思う。大辞林によれば分解能とは「器械装置などで物理量を測定・識別できる能力」のこと。 子供の頃はイギリスもアメリカも同じような国だと思っていた。インスタントラーメンとお店のラーメンの区別がつかなかった。スーパーとデパートの違いがわからなかった。それがいろいろ学んでいくにつれて段々と区別できるようになっていく。 将棋や囲碁でも上達するにしたがって各局面の微妙な差がわかるようになっていく。音楽の世界でも精通すれば微妙な音の違いがわかるようになる。歌を [→続きを読む]

今朝の日経新聞によれば東京大学が2016年度から推薦入試を導入するという。大いに歓迎したい。 私が大学受験をしたときはAO入試や推薦入試が今ほど一般的ではなく、そういった受験を考えたこともなかった。当時であれば推薦入試には反対したかもしれない。学力試験は客観的で勉強さえしっかりすれば誰にでもいい学校にいける公平な制度だと思っていた。 欧米の経営大学院に留学しようと思い準備をしたときはその入試制度に最初は戸惑った。TOEFLで上位5%の成績を取り、GMATとよばれる標準テストではNative Sp [→続きを読む]

マーク・ザッカーバーグ氏は2004年にFacebookのサービスを開始し、6年後の2010年にはフォーブス誌で総資産額40億ドルと推定され「世界で最も若い10人の億万長者」の1位になった。株式上場も果たし、2012年、彼の資産は総資産175億ドルと推定されている。資金力が豊富で技術力も高いGoogleやMicrosoftといった巨大企業が目を光らせるなか、大学生のうちに立ちあげたサービスで瞬く間にユーザ数を増やして一気に世界で有数の企業に育てたその技術力と経営手腕はすばらしい。普通の家庭(どちら [→続きを読む]

今スタンフォード大学が提供するオンライン講座を受講している。「Introduction to Databases」という講座で、データベースの基本を学ぶための講座だ。受講料は一切かからない。洋々でもWeb塾という場でオンライン講座を提供しているが洋々提供のコンテンツは大学受験生向けのものが多いのに対し、スタンフォードで提供しているのは大学での講義と同様で大学生向けのものだ。洋々でも今後、提供するコンテンツの種類を大学受験に限らず拡大していこうと考えているので将来的に競合することはあり得るが、今は [→続きを読む]

お陰様で本日洋々の秋葉原校をオープンすることができました。横浜校、池袋校に続いて洋々3つ目の教室になります。 他の2校と同様、各受講生に合わせたきめ細かなサポートをさせていただきます。カリキュラム等も横浜校、池袋校と同様です。 1on1 個別指導の洋々、秋葉原校を2月1日に開校 現在、入会金割引キャンペーンもやっていますので興味のある方は是非お問い合わせください!

以前ビル・ゲイツの父親が米国における相続税の軽減に反対しているという記事を読んだことがある。彼の主張は貧富の差が広がる中で、生まれたときの不平等は完全には避けられないが、相続税はその不平等を減らす数少ない手段の一つだから、軽減すべきではないというものだった。世界一の富豪を息子に持つ親の確固とした考えに感心した覚えがある。世界長者番付第三位のウォーレン・バフェットも米国で相続税の増税を訴えている 自民、公明、民主3党が相続税の増税案に合意したことは歓迎したい。資本主義の世界では資本を多く持っている [→続きを読む]

«...1020...293031...40...»