AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

上智大学:カトリック高等学校対象特別入試(カトリック推薦)

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々 > 各大学のAO推薦入試 > 上智大学 > 上智大学:カトリック高等学校対象特別入試(カトリック推薦)

上智大学では日本カトリック学校連合会に加盟する高校生を対象にカトリック高等学校対象特別入試(以下、カトリック推薦入試)を実施しています。出願には原則在籍する高校の推薦枠をもらう必要があります。

このページでは上智大学カトリック推薦入試について解説しています。本ページをご覧いただくことでカトリック推薦入試の概要と対策の方向性を掴んでいただくことができます。

 

 

上智大学 カトリック推薦入試の概要

 

募集人数・出願資格・試験内容

募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件選考
科目
若干名現役全体の評定平均値が4.0以上
(神学部は3.7以上)
学科により必修科目、外国語検定試験等の基準あり*1書類/
学科試問/
面接

*1学科によっていは出願にあたって以下の出願資格も満たす必要があります。

○必修科目
①総合人間科学部看護学科
数学I・II・A・Bまたは化学基礎・化学または生物基礎・生物を必ず履修していること(見込みを含む)。
②経済学部経済学科
数学I・II・A・Bを必ず履修していること(見込みを含む)。
③理工学部全学科
数学I・II・III、A・Bと物理基礎・物理または化学基礎・化学または生物基礎・生物を必ず履修していること(見込みを含む)。

外国語検定試験について

カトリック推薦入試では各学科の定めるいずれかの1つの外国語検定試験の基準を満たす必要があります。提出できる資格は英語検定試験の場合、英検,TOEFL iBT,TOEIC L&RおよびTOEIC S&W,国連英検,IELTS,TEAP PBT,TEAP CBTの7つから選択できます。学科によっては独検、仏検も選択できます。

ここでは、英検,TOEFL iBT,TOEIC L&RおよびTOEIC S&Wの3つの試験の各学科の基準点について取り上げます。その他の検定試験の基準点については募集要項をご確認ください。

 

英検:2級 / TOEFL iBT:42 / TOEIC L&R:550およびTOEIC S&W:240 以上で出願可

<文学部> 哲 / 史 / 国文 / ドイツ文 / フランス文 / 新聞
<総合人間科学部> 教育 / 心理 / 社会 / 社会福祉 / 看護
<法学部> 法律学科 / 地球環境法
<経済学部> 経済
<外国語学部> ドイツ語 / ロシア語 / ポルトガル語
<理工学部> 物質生命理工 / 機能創造理工 / 情報理工

 

英検:2級A / TOEFL iBT:55 / TOEIC L&R:650およびTOEIC S&W:250 以上で出願可

<経済学部> 経営
<外国語学部> フランス語 / イスパニア語
<総合グローバル学部> 総合グローバル

 

英検:準1級 / TOEFL iBT:72 / TOEIC L&R:785およびTOEIC S&W:310 以上で出願可

<文学部> 英文
<法学部> 国際関係法
<外国語学部> 英語

 

国際教養学部について

国際教養学部では、TOEIC L&RおよびTOEIC S&W,英検,国連英検を選択することはできません。
国際教養学部の出願基準はTOEFL iBT:79 / IELTS:6.0 / TEAP PBT:340(各75) / TEAP CBT:615 となります。

 

上智大学 カトリック推薦入試のスケジュール

 

出願:9月上旬

選考:9月下旬

合格発表:10月月上旬

入学:翌年4月

 

上智大学 カトリック推薦入試の特徴

上智大学のカトリック推薦入試は書類審査、学科試問、面接によって選考が行われます。出願にあたっては在籍する高校の推薦枠を獲得する必要があるほか、外国語資格試験の基準を満たしていることが条件となります。

全学部全学科の中から2学科まで出願が可能で、出願時に第1志望と第2志望を明示し、試験当日は2学科分の学科試問と面接を受けます。1学科のみの出願も可能です。
近年は合格者数が公表されていませんが、公表されていた時期のデータによると倍率が1.5倍程度となった例もあり、指定校推薦と違い、高校から推薦枠を獲得したとしても合格が確約されるわけでないため気を抜くことはできません。
ただし、他の入試と比較して合格率の高い入試となっており、しっかりと準備をすることで着実に合格に近づくことが可能です。

以下でそれぞれの選考科目について詳しく解説していきます。

 

出願書類

主な出願書類は以下のとおりです。

・上智大学志願票
・志望理由書
・推薦状(人物紹介状)
・高等学校調査書
・外国語検定試験の試験結果を証明する書類
・学科の指定する「レポート等特定課題」(英文学科・社会学科・社会福祉学科のみ)

志望理由書

出願書類の中で最も重要なのが「志望理由書」です。所定の用紙に記入します。
上智大学や志望学科への興味・関心度の強さ、入学後の学業・学生生活プランなどを記述することが求められます。なお、国際教養学部の志願者は英語で記入する必要があります。
記述スペースが限られているため、求められている内容について端的にまとめる必要があります。しかし、これまでにどんなことを経験し何を学んできたのか、そこからどんな将来像を描くようになったのか、そのためにどうして上智大学○○学部で学ぶ必要があると考えたのか、具体的に4年間でどんなことを学びと考えているのかということについてそれぞれ深く考えたうえで、そこから内容をまとめていくようにしましょう。上記の内容については面接で踏み込んで質問されるため、書類との一貫性をもって面接に臨めるよう書類作成の段階からしっかりと考えておく必要があります。作成の際には内容に穴や矛盾点がないか、第三者的な立場から指摘をもらえる人からアドバイスや添削をしてもらうことをおすすめします。

課題レポート

英文学科、社会学科、社会福祉学科は志望理由書の他に「課題レポート」を作成し、提出する必要があります。
レポートの課題内容は以下のとおりです。

社会学科現代日本社会における社会問題をひとつあげ、社会学者の書いた関連する本(何冊でも可。ただし書誌を明記すること)を読み、それが生まれた社会的メカニズムやその解決を困難にしている社会的要因について説明しなさい。5,000字~6,000字社会福祉学科現代において社会福祉の果たす役割がますます重要になっています。その理由についてまとめ、あなたの考えを述べなさい。なおそのときに参考にした社会福祉についての専門的文献を明記すること。A4レポート用紙2枚程度

学科レポート等特定課題文字数
英文学科英米文学作品をひとつ読み、特に印象に残った箇所を取り上げて、その理由をのべなさい。4,000字程度
社会学科現代日本社会における社会問題を一つあげ、社会学者の書いた関連する本(何冊でも可。ただし書誌を明記すること)を読み、それが生まれた社会的メカニズムやその解決を困難にしている社会的要因について説明しなさい。5,000~6,000字程度
社会福祉学科現代において社会福祉の果たす役割がますます重要になっています。その理由についてまとめ、あなたの考えを述べなさい。なお、そのときに参考にした社会福祉についての専門的文献を明記すること。A4レポート用紙2枚程度

 

2次選考:学科試問・面接試験

学科ごとの学科試問と面接試験が課されます。学科試問の内容は小論文形式をとる学科が多いですが、志望学科における基礎知識や英作文や和文英訳を課す学科もあり、かならず過去問を確認しておきましょう。

面接試験は面接官2名対志願者1名で1人10分程度というのが基本形のようです。深く聞かれるポイントは人それぞれですが、基本的には出願書類の内容を深堀りする質問がされるため、記載した内容についてはどういった方向から質問されても答えられるよう準備を重ねておきましょう。また、当日の学科試問の内容に関して質問がされることも多いようです。
面接に関しても、なるべく第三者的な立場から質問をしてくれる人に模擬面接をしてもらい、様々な状況を想定した練習を重ねておきましょう。

 

洋々卒業生 合格者の声

 

上智入試 カトリック推薦入試の対策プラン

洋々では上智大学カトリック推薦入試の出願書類作成から学科試問・面接試験までサポートするプランをご用意しております。
まずは無料の個別相談をおすすめしております。上智大学カトリック推薦入試に関するより詳しい試験情報の提供ほか、現在のご状況をお伺いし、最適な対策プランをご提案させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

 

 

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!