AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々

早稲田大学創造理工学部建築学科:早稲田建築AO入試(創成入試)

AO入試・推薦入試・小論文対策の個別指導塾 洋々 > 各大学のAO推薦入試 > 早稲田大学 > 早稲田大学創造理工学部建築学科:早稲田建築AO入試(創成入試)

早稲田大学建築学科AO入試(創成入試)について解説しています。出願資格、募集人数、選考スケジュール、倍率、選考科目など、早稲田大学建築学科AO入試(創成入試)の全体像について理解することができます。

※以下の情報は2020年度入試要項を基に作成しています。

早稲田大学建築学科AO入試の概要

 

募集人数・出願資格・選考科目

募集
人数
現浪
要件
評定
要件
その他要件1次2次
約25名なしなし数ⅠA・ⅡBを履修かつ
理科を合計10単位以上取得
書類筆記/
面接

 

早稲田建築AO入試のスケジュール

 

出願:9月中旬

一次発表:10月上旬

二次選考:10月下旬

最終発表:11月上旬

入学:翌年4月

 

早稲田建築AO入試の特徴

早稲田大学創造理工学部建築学科の早稲田建築AO入試(創成入試)では、一次選考の書類審査後、一次選考合格者のみ二次選考で持参する自己PR資料の作成が課され、二次選考に筆記試験と面接試験が課されます。9月から出願が始まり、最終合格発表は11月と長丁場になります。

 

早稲田建築AO入試の倍率

近年の倍率は4.0~4.9倍となっており、しっかりとした準備が必要です。募集人数は約25名となっていますが、実際の合格者数はそれより少ないことがほとんどです。

 

一次選考:書類選考

 

特に重要な書類

 

志願者自己報告書

2枚にわたる志願者自己報告書では、受験生の「志望理由」と「入学後の抱負」が問われることになります。

 

活動実績報告書

書式自由、A4サイズ4ページ以内で自己アピールとなる活動内容を記述します。

 

事前課題と二次選考:自己PR資料・筆記試験・面接試験

 

事前課題(一次合格者のみ)

 

自己PR資料

一次選考合格者のみ、事前に自己PR資料を提出する必要があります。
自己PR資料には、受験生の創造性や個性、リーダーシップなどをアピールする作品・研究・調査・社会貢献などの活動実績を表現することが求められます(A4判 書式・枚数自由) 。
面接時の質問材料となるため、しっかりと作り込んでおく必要があります。

 

二次選考

 

筆記試験(ドローイング)

提示されたテーマに対して、鉛筆によるドローイング(デッサン)と文章説明による提案・表現を行います。この試験では、造形的観点からの空間描写法だけでなく、広く社会的知識と思考力、工学的観点に立った総合的な論理構築力などが問われることになります。

 

面接試験

面接はグループ面接30分と個別面接10分が行われます。 ここでは、「筆記試験」の答案に関する質疑応答のほか、受験生本人のこれまでの活動内容・学習成果・意欲も評価対象とし、必要に応じて本人によるプレゼンテーションも認められます。

 

早稲田建築AO入試 合格者の声

 

早稲田建築AO入試「合格者の声」一覧へ

 

洋々の動画チャンネル

「 早稲田建築AO入試をざっくり説明 」

 

洋々の『早稲田建築AO入試(創成入試)対策プラン』

洋々では早稲田建築AO入試の志願者自己報告書、活動報告実績報告書、自己PR資料、筆記試験、面接試験 それぞれに対応した講座をご用意しております。
『早稲田建築AO入試(創成入試)対策プラン』

まずは無料の個別相談にお越しください。最新の受験情報のご提供やカウンセリングによる最適な受講プランのご提案をさせていただきます。

 

 

50分の無料個別相談実施中

AO・推薦入試のプロがお答えします!

カウンセリングを通じてAO・推薦入試の疑問にお答えし、
合格に向けたプランのご提案をさせていただきます。

AO・推薦入試のプロがお答えします!